体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

季節のフルーツを使った期間限定のパフェ3選

フルーツが美味しい今の季節。せっかくなら旬のフルーツのパフェを食べてみたい!…ということで、旬の果物を使用した期間限定のリッチなパフェを集めてみた。自分へのご褒美にぜひ一度トライして、パフェと旬フルーツのコラボを楽しんではいかがだろうか。


1.資生堂パーラー銀座本店 サロン・ド・カフェの「長崎県大瀬戸地区産 枇杷パフェ」1980円(税込)
最初に紹介するのは、市場に出回る期間が非常に短い枇杷(びわ)を使ったパフェ。樹齢50年以上の樹木で実った枇杷を、ライチシャーベット、ジャスミンゼリーと合わせた華やかなパフェで、みずみずしく潤う枇杷の甘さをミルクアイスクリームが優しく引き立てている。同じバラ科で相性のよい別添えのローズソースが、味にさらに深みを与えてくれている。日本的で奥ゆかしい風雅な味わいの一品。5月31日(木)まで提供中。


2.大丸東京店3階・京橋千疋屋フルーツパーラーの「マンゴーパフェ」2376円(税込)
東京駅直結の大丸東京店3階にある京橋千疋屋フルーツパーラーの季節限定品。その時季におすすめの産地のマンゴーを使った贅沢なパフェだ。大きめにカットしたマンゴーはとろーり濃厚で、コクと甘さを堪能できる。マンゴーはマンゴーとして楽しめ、パフェはパフェとして楽しめ、さらにマンゴーとパフェのマリアージュも楽しめる一品。


3.アフタヌーンティー・ティールームの「メロンとミルク杏仁のパフェ」1000円(税込)
最後は、やはり初夏に旬を迎えるメロンを使ったパフェを紹介しよう。香り高くジューシーなメロンに、つるんとした食感のミルク杏仁とバニラアイスをあわせ、リッチな味わいに仕上がっている。サクサクのシューラスクとトロピカルソースがアクセント。6月27日(水)までの期間限定販売。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。