体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ノイズキャンセリング機能をもった「窓」(開けっ放しでもOK)

ノイズキャンセリング機能をもった「窓」(開けっ放しでもOK)

カフェで集中して仕事をしたいときや飛行機でゆっくりと音楽を聴きたいときに役立つノイズキャンセリング機能。

簡単に自分の空間を作り出してくれるこの機能を、「窓」にも応用できるデバイスをシンガポールのNanyang Technological Universityが開発した。

しかも、窓を開けっ放しにしていても、騒音を抑えてくれるらしい。

周囲の騒音をキャッチし
静かな空間を提供する

ノイズキャンセリング機能をもった「窓」(開けっ放しでもOK)

彼らが開発したデバイスは、周囲の環境から部屋に入る「騒音」を捉え、瞬時にその音をかき消す「音」を発してくれる、いわゆるアクティブノイズキャンセリング機能をもっている。これを窓に取り付けるだけで準備はととのう。

つまり、音で音を相殺し、静かな空間を提供してくれる仕組みだ。最大で50%の効果がある、と同大学は発表している

このデバイスを部屋の窓に取り付けるだけで集中しやすい環境が作れるなら、需要はたくさんありそうだ。しかも、研究をリードしたGan教授は現状に満足せず、野心的なコメントを発している。

「最終的には、窓の格子にここで使われているテクノロジーを埋め込みたい。そうすれば、もっと簡単に都市部の騒音が緩和できるだろう」

Licensed material used with permission by Nanyang Technological University(NTU Singapore)

関連記事リンク(外部サイト)

オフィスで使いたい「耳栓」
メッセージ付きの「主張しすぎる耳栓」が旅行に、読書に、昼寝にピッタリ
集中力がないなら、このヘッドホンで「脳波測定」してみない?

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。