体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スノボに行ったり温泉旅行をしたり……パジェロはワクワクさせてくれる相棒です!

車は単なる移動の道具ではなく、大切な人たちとの時間や自分の可能性を広げ、人生をより豊かにしてくれるもの。車の数だけ、車を囲むオーナーのドラマも存在する。この連載では、そんなオーナーたちが過ごす愛車との時間をご紹介。あなたは、どんなクルマと、どんな時間を?

▲彼女のご自宅まで、パジェロで迎えに行くという佐藤さん

▲彼女のご自宅まで、パジェロで迎えに行くという佐藤さん

2人のデートにパジェロは大活躍!

おしゃれなログハウスの前に1台のパジェロが止まる。しばらくすると、この家に住む田宮知明さんが手を振りながら歩いてきた。

パジェロのオーナーである佐藤勇輝さんはこうして彼女の田宮さんをよく迎えにくるのだそう。

同じ岩手県内に住む2人だが、佐藤さんは沿岸部、田宮さんは内陸部に住んでおり、その距離は約120km。山を越えるため、片道2時間ほどかかる。

佐藤さんが田宮さんのご自宅近くまで足を運ぶことが多いが、運転が好きだという佐藤さんはその道のりも全く苦ではないという。

田宮さんもマイカーを持ってはいるが運転が苦手だそうで、「特に冬は道路の凍結なんかが怖いので運転したくないんですよね……」と苦笑する。

▲取材中も仲の良い二人

▲取材中も仲の良い2人

そんな理由もあり、出かけるときの運転担当はもっぱら佐藤さん。冬にはスノーボード、夏には海へとかなりアクティブに出かけている。

特に好きなのが温泉旅行。休日が不規則なため、休みを合わせるのが難しいそうだが、連休が合ったときには東北各地の名湯・秘湯に足を延ばし、ゆっくりと2人の時間を過ごしている。

▲出かけるときの運転担当はもっぱら佐藤さん

▲出かけるときの運転担当はもっぱら佐藤さん

これだけアクティブに出かけているとあって、パジェロの購入から約1年半の間に走った距離は約3万km! 月2~3回ほど田宮さんに会いに来ているというので納得の距離ではあるが、それでもかなり走っている方だろう。

「1人でドライブするのも好きですが、2人で出かけるときはワクワクします。目的地に着くまでの時間も音楽をかけて歌ったりいろんな話をしたりして、楽しい時間です」と佐藤さん。

取材中も、「今度はどこに行こうか」と話が尽きない。これからもパジェロには2人の思い出がどんどん増えていくのだろう。

どんなクルマと、どんな時間を?

三菱 パジェロ(現行型)と、温泉旅行やスノボに行くまでのワクワクする時間を。

2006年から生産されている4代目となる現行型。モノコック構造や四輪独立サスペンションなどを備えた本格派クロカンだ。搭載されるエンジンは3L、3.8Lのガソリンと、3.2Lディーゼルターボ。

▲約1年半ほど前に購入したパジェロ。ランドクルーザーなども候補にあったが、予算の関係でパジェロに落ち着いたそうだ

▲約1年半ほど前に購入したパジェロ。ランドクルーザーなども候補にあったが、予算の関係でパジェロに落ち着いたそうだ

▲愛車・パジェロとの時間は「温泉旅行やスノボに行くまでのワクワクする時間」と話してくれた

▲愛車・パジェロとの時間は「温泉旅行やスノボに行くまでのワクワクする時間」と話してくれたtext/編集部 溝上夕貴

photo/早川佳郎

【関連リンク】

この車を探してみる 「どんなクルマと、どんな時間を。」過去の記事はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

この車を探してみる

日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。