体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【連載】モバイルボヘミアンに向いている人、向いていない人

【連載】モバイルボヘミアンに向いている人、向いていない人

モバイルボヘミアンという言葉を知っていますか?旅人の最終進化系と称される本田直之さんと四角大輔さんが書籍「モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには」で定義した新しい生き方です。

この記事では、本書籍の内容を抜粋して連載しています。

\ほかの章も読みたい方はコチラ/


モバイルボヘミアンとは、「仕事」のためだけに生きるのではなく、「好きなこと」をライフスタイルの中心に据えながら、旅するように働き、暮らす、自由な生き方のこと。
 
会社員だった2人はどうやって、場所にも、時間にも、会社にも、だれにも縛られない自由なライフスタイルを手にしたのか。
 
10年近く、まるで兄弟のように深い交流を続けてきた、『レバレッジシリーズ』や『ノマドライフ』著者・本田直之と、『自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと』著者・四角大輔の2人が、20代の頃から20年以上の歳月をかけ、実験し続けてきた「生き方」と「考え方」をまとめた、まさに集大成となる一冊。

 

\Kindle版はこちら/

モバイルボヘミアン

 

この生き方はだれでも実現できるが、だれしもに向いているわけではない

ここからは、モバイルボヘミアンの生き方に向いている人、向いていない人について考えてみたい。 ぼくは、「この生き方に必要なハウツー」を知ることより、まずあなたが「この生き方に向いているかどうか」を掘り下げる方がいいと思っている。向いていないと感じる人が、無理にこの生き方を実践する必要はないからだ。

ぼくたちは、モバイルボヘミアンの生き方を万人にすすめる気はない。ぼくは約6年、ダイスケは15年近く会社員をやってみて、2人とも「会社員には向いてない」ということがよくわかった。

ただこれは、決して会社員という働き方を否定しているわけでも、フリーランスでいることや、国境を越えて移動し続けるライフスタイルが最良だ、と言っているわけでもない。

 

「できる、できない」の前に大切なことは、「自分はなにがしたいか」とあなたの心に問い続けること。「自分は本当はなにが好きか、なにが向いているのか」を知るために行動し、いろいろな挑戦をし続けること。管理される方が楽で、会社勤めが向いている人もたくさんいる。

一方、組織に属してさまざまな制約に縛られてしまうと力が発揮できない人もいる。自分が本来いるべき場所に身を置いて、夢中になれることや、好きなことや得意なことにできるかぎり多くの時間と労力を投資すべきなのに。

みな必死になって「そうでない場所」で「そうではないこと」に人生の大半の時間を費やしてしまっている。

「こうじゃなかったはずだ」とわかっているのに、それを変える挑戦もせず、ずっと「間違った居場所」で生きている人があまりにも多すぎるのだ。

 

「どうなるかはわからないけれどチャンスもあるし、テクノロジーの後押しもあるから、どんどん実験してみよう」と思える人は、このチャレンジを楽しめるはずだ。

「人生は壮大な実験」だ。

先駆者がいないからこそ、自分が実験台となって、望むままに行動する。答えがないからこそ、実験自体を楽しむことができる。自由でチャレンジングな思考を持てるかどうかが、モバイルボヘミアンとして生きるうえで重要なことだ。

また、今のあなたの職種も向き・不向きとはまったく関係ない。向き、不向きは人間性で決まるものだし、STEP1でも述べたように、これからの時代は1つの職業にとらわれること自体が時代遅れの価値観なのだ。

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。