体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

投資家目線で起業した後に生まれた「自分がやる」使命感――水野司(事業経営/幼児教育・訪問看護)

投資家目線で起業した後に生まれた「自分がやる」使命感――水野司(事業経営/幼児教育・訪問看護)

大手信託銀行のファンドマネージャーとしてトップの運用成績を収めながら、銀行を退職し、幼児教室や訪問看護という未知の分野で起業された水野司さん。第2回目となる今回は、銀行員の経験しかなかった水野さんが起業したことによって起きた変化について伺いました。

前編はこちら


プロフィール

水野 司(みずの つかさ)

国内大手信託銀行のファンドマネージャーとして顕著な運用成績を収めながら、銀行を退職。その後、2016年8月に株式会社えんパートナーズを設立。幼児教育や訪問看護など未経験の分野で複数の事業を同時に起ち上げる。

「人の成長に興味がなかった」過去からの変化

-銀行員から経営者に転身されて、想像とのギャップはありましたか?

今から考えると、複数の事業をほぼ同時にはじめたのは、やはり無茶だったかもしれません(笑)。というのも、起業してみて気づいたんですが、事業によって集まるスタッフの方々のキャラクターが異なり、経営者として求められるポイントも違うんですよね。

たとえば幼児教室では子育て中の女性スタッフが多く、教室に通う子どもたちに対応するときにも、「ママならではの視点」があります。ですから、彼女たちと接するうえでは、私から主体的に指示をするのではなく、まずはしっかりと話を受け止めて、必要な範囲でこちらの意見を伝えるようにしています。

一方、訪問看護のスタッフは看護師や作業療法士など、プロ意識の強い方ばかり。私は医療に関してはまったくの素人ですから、スタッフの皆さんへのリスペクトは常にもって接しています。いずれにしても、私はどちらの事業についても、スタッフとのコミュニケーションは密にとり、彼らがどういった価値観をもっているのかを把握するよう努めています。

銀行員時代にも、ファンドマネージャーとして部下を抱えてはいましたが、当時と今では状況は異なります。当時は私も含め皆が大企業のサラリーマンですから、ある意味予定調和。こちらから積極的にコミュニケーションを取らなくても、仕事は回っていきますし、たとえ、「こうした方がいい」と思っても、「だったらお前がやれ」と言われたくないですし、あえて発言しないという空気がありますから、あまり波風も立ちません。

でも今は、スタッフも「自分が動かないと」という感覚があり、皆が積極的です。業務に対して、「こうした方がいいのではないか」という意見がどんどん出てきていて、私も経営者としてコミュニケーションの重要性は強く感じますね

そういえば、銀行を辞めたあと、個人的にコーチングを受ける機会があったんですが、そのワークとして、「知人に、自分の長所と短所を聞いてみる」というものがあったんです。そこで、銀行員時代の部下に聞いてみたところ、長所として「自分に厳しい」という意見があった一方、「他人の成長に興味がない点が短所」だと言われました。振り返ってみると、たしかにそうだったな、と(笑)。でも、会社を起業してからは逆の声もあるんですよね。実際、今は自分のことよりも、事業のことや働いてくれているスタッフの方々に気持ちが向いていると感じます。

幼児教室と訪問看護、2つの事業に感じる可能性

-現在行なわれている、幼児教室と訪問看護の事業内容について教えてください。

まず幼児教室についてですが、1時間単位で枠を設け、パズルで遊んだりしながら、数やカタチの認識を育てるなど、いわゆる知育に関する授業をしています。授業の内容はフランチャイズで購入したメソッドを使っているため、きちんとしたエビデンスに基づいたカリキュラムです。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。