体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

性格のいい会社ランキング1位の会社が守る、7つの「ルール」

「性格のいい会社」を構成する「働きがい」と「多様な働き方」のうち、これまで紹介してきた「7つのルール」は「働きがい」につながる項目。一方、ユーザベースでは多様な働き方の項目も群を抜いてポイントが高いという結果でした。なぜここまで自由な働き方ができる環境をつくっているのでしょうか。

稲垣さん「シンプルに、自分たちがそうしたいからですね(笑)。自由になりたくて創業したので、自由を放棄することは敗北だとすら思っています。ただ当然、自由は『責任』とセットです。僕らの会社は性善説で動いていて、相手を先に信頼することによって、自由な環境をつくり上げています。疑いがあることで、相手に制約をつけていくのは嫌ですから。

ユーザベースには、いわゆる大企業で活躍していた人や高年収の人が、年収を下げても入社したいと集まっています。同社に優秀な人材が集まってくる理由は、『自由に挑戦できる環境があるから』ではないでしょうか」

「いい人材」の定義は会社それぞれで異なりますが、ユーザベースにとっていい人材というのは新たな可能性をつくり、時代に台頭していく「イノベーター」人材であり、「意思決定できる人」。自分で何かを決めてコミットし、本当に行動できる人です。こういう自分で変革を起こしていこうとする、意思決定できる人が入りたいと思える環境をつくるのが、会社づくりだと思います。

稲垣さん「ユーザベースは自由に働くことができる環境ですが、入社した人はまず、出社する時間や場所など、自分の働き方をどうしたいかから考えることになります。決められた時間で決められた仕事をやるのではなく、周りの人をどう巻き込んでいくのか。小さいところからですが、『自分で考える』『挑戦してみる』というサイクルがある環境を用意するのは、会社としてすごく意味があることだと考えています」

ユーザベースは2018年夏ごろに、六本木の新オフィスに移転予定。今後ますます「いい人材」が集まってくることを期待しています。

会社説明会では語られない“ストーリー“が集まる場所「PR Table」

関連記事リンク(外部サイト)

取引先にも本音をぶつけられる「●●の魅力」とは? | マチーデフさん(ラップ講師)
ライバルを出し抜くには、他人がやらないことを「あえて」やったほうがいい | 任天堂信者・漫画家 ピョコタンさん
なぜ、デキない人ほど「時間がない」と嘆くのか?ーーマンガ家三田紀房インタビュー《後編》

前のページ 1 2 3
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。