体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界一周した夫婦が見つけた!カップルで撮りたい世界のインスタ映えスポット8選

世界一周した夫婦が見つけた!カップルで撮りたい世界のインスタ映えスポット8選

こんにちは。新婚旅行で世界一周・カップルトラベラーとして活動している、ほっさくら(@hossakuraworld)の桜子です。

最近、トークイベントなどで必ず頂く質問に「どこの国が1番インスタ映えしましたか?」というのがあります。いかに、「インスタ映え」が旅先を決める上でも重視されているかということですよね。

 

「そんなインスタ映えは女だけでやってろよ」そんな声が聞こえてきそうですが、最近はそうとも限らないみたいです。

「どうすれば、いい感じのカップルフォトが撮れますか?僕、彼女とのいい感じのカップルフォトを投稿して、インスタグラマーになりたいんです!!」という相談をされたこともあります。

イマドキ男子は、インスタグラムだって使いこなしてます。男の子が、女の子より「インスタ映え」を意識する時代になってきてるんです。

 

というわけで今回は、ほっさくら夫婦が見つけた「カップルで撮りたい世界のインスタ映えスポット」を紹介していきたいと思います。

 

サントリーニ島 ギリシャ

hossakuraworld@新婚旅行で世界一周さん(@hossakuraworld)がシェアした投稿 – 2017年 8月月10日午後5時31分PDT

ギリシャのサントリーニ島は、わたしが世界中で1番、ウエディングフォトを撮影するならオススメしたい場所です。

理由は、ここでしか撮れない写真が撮影できるから。加えて、旅行先として憧れのサントリーニ島だということが一目で分かるからです。

正直、海でのウエディングフォトなんかも本当に素敵だとは思いますが、どこの海で撮影したのかって、区別しにくいですよね。

 

でも、サントリーニ島独特の青と白の世界観は、ここにしかありません。サントリーニ島では、ウエディング撮影専門の会社もあるので、ドレスなど持ってなくても撮影できちゃいます。

実際わたしも世界一周中に撮影したので、もちろん何の準備もできませんでしたが、何から何まで撮影スタジオで用意してもらえました。

サントリーニ島でのオススメの撮影スタジオはここ!

もちろん、ウエディングフォトとまではいかなくても、サントリーニ島では素敵なインスタ映え写真がたくさん撮れます。

hossakuraworld@新婚旅行で世界一周さん(@hossakuraworld)がシェアした投稿 – 2017年10月月11日午後2時04分PDT

ちなみに、サントリーニ島の夕陽は世界一きれいでした。有名人の石田純一さんも、ここの夕陽をバックにプロポーズしたそうです。

これからプロポーズを考えている方は、迷わずサントリーニ島でしてほしいなと思います。涙が出るほど美しい夕陽だったので、成功率は5割増だと思います。

hossakuraworld@新婚旅行で世界一周さん(@hossakuraworld)がシェアした投稿 – 2017年 8月月13日午前3時38分PDT

 

ピンクレイク メキシコ

hossakuraworld@新婚旅行で世界一周さん(@hossakuraworld)がシェアした投稿 – 2016年11月月17日午後7時32分PST

ここは、最近話題になってきたスポットで、メキシコのカンクンにあります。雰囲気としてはピンク色をしたウユニ塩湖みたいな感じです。

加工で色味をごまかしているわけでなく、本当にこんな鮮やかなピンク色をしています!

ピンクというだけでインスタ映えになるので、カンクンに行った時は外せないスポットになりそうです。

 

ウユニ塩湖 ボリビア

hossakuraworld@新婚旅行で世界一周さん(@hossakuraworld)がシェアした投稿 – 2017年 7月月7日午前1時21分PDT

ウユニ塩湖は、もはや旅人でなくても、知らない人はいないぐらいの人気スポットですよね。それでもやっぱり、不動の人気を誇るウユニ塩湖。

インスタグラムでの反応も、通常の1.5倍!! ウユニ塩湖の写真の投稿は、間違いなく「いいね」の数がアップします。それだけ、ウユニ塩湖に興味関心のある人が多く、インスタ映えしているということです。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。