体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コンビニのフライドチキンを肉の割合で比較した

コンビニのフライドチキンを肉の割合で比較した

コンビニのフライドチキンは、今やどのチェーン店でも定番商品となっている人気メニュー。「ファミチキ」や「Lチキ」など、各コンビニチェーンが力を入れて展開しています。フライドチキンで気になるのは衣の厚さ。そこで、コンビニのフライドチキンを中身の肉の割合で比較してみました。

コンビニのフライドチキンを計測

コンビニのフライドチキンで肉の割合を調べたのは、セブンイレブンの「揚げ鶏」とファミリーマートの「ファミチキ」、ローソンの「Lチキ旨塩チキン」です。衣アリと衣ナシで、それぞれの重量を計測しました。

肉の割合が最も低かったのが、ファミリーマートの「ファミチキ」。衣アリで87.2g、衣ナシで31.9gというのは、ともに3社の中では最小の数値でした。さらに肉の割合も「35.6%」と、40%以下という残念な結果です。

実際にコンビニのフライドチキンを食べ比べてみると、ファミチキはチキンを食べているというより、衣をかじっている感がより強く感じられてました。価格は180円です。

肉の割合が第2位となったのが、ローソンの「Lチキ旨塩チキン」。肉割合は「45.0%」と1位には届かなかったものの、総重量は98.3gと最大で100gに迫る大きさとなっています。セブンに比べると衣の割合は高いものの、150円と価格が安くお得感の高い商品といえるでしょう。

コンビニフライドチキンの第1位

肉の割合が第1位となったのは、セブンイレブンの「揚げ鶏」です。今回ピックアップした商品の中では衣が薄く「59.1%」というダントツの肉の割合となりました。その分、価格は188円とやや高いものの、他とコンビニのフライドチキンと比べて厚みもあり、しっかりと肉を感じられる一品です。

なお、同様の手法でコンビニのアメリカンドックもソーセージの割合で比較してみました。最もソーセージの割合が「31.0%」と小さかったのが、ローソンの「ジャンボアメリカンドック」でした。

3社の中で唯一の100gを超えるビッグサイズながら、ソーセージの割合では「31.7%」と惜しくもセブンに負ける結果となったのが、ファミリーマートの「アメリカンドック」です。

そして、セブンイレブンの「ビッグアメリカンドック」はソーセージの割合「33.0%」で堂々の第1位。直径もファミマと僅差ながら最大で、食べ応え十分でした。アメリカンドックの価格はいずれも108円です。

関連記事リンク(外部サイト)

コンビニWi-Fiに自動接続してくれる神アプリ
コンビニコーヒーは保温性に優れるセブンカフェ
コンビニのチキンをお肉の割合で選ぶならセブン
コンビニおにぎりは具材ごとおすすめ店舗が違う
コンビニがさらに便利に使える無料アプリ4選

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。