体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画コメンテーター・有村昆&世界的数学者・ピーター・フランクルらがコーディネート!千葉県下No.1家具ブランド『ROOM DECO』の体感型ショールームに潜入

家具ブランド『ROOM DECO』幕張新都心店が、4月27日にリニューアルオープン。著名人がプロデュースしたインテリアコーディネートを実際に体感できる、新たなショールームに生まれ変わった。今回は、オープン前に開催された内覧会に潜入! 映画コメンテーター・有村昆さんや世界的数学者・ピーター・フランクルさんらがコーディネートした、個性溢れる空間を取材した。

 

千葉県下No.1!老舗家具店が手掛ける体感型ショールーム

創業64年の株式会社かねたや家具店(千葉県千葉市)が手掛ける『ROOM DECO』は、千葉県に8店舗、県外に5店舗を有する千葉県下No.1の大型家具店。家具の総合ブランドとして、従来の家具販売だけでなく、生活を楽しくする住空間のコーディネートを展開している。

なかでも幕張新都心店は、関東最大級の売場面積(約4000坪)を誇る大型店。リニューアルに伴い、国内外の企業や商品のブランドづくりを行うパックアーツ株式会社の久々野智小哲津氏が総合プロデュースを担い、季節ごとに著名人がトータルコーディネートした部屋を発信。親子で1日楽しめる“体感型ショールーム”として展開していく。

 

第1弾は『“部屋がエンターテインメントになる”ROOMDECO COLLECTION 2018’SPRING~SUMMER’』。「MOVIE」「STUDY」「ART」「WONDERLAND」をテーマに映画コメンテーター・有村昆さん、世界的数学者・ピーター・フランクルさん、KOMIYAMA TOKYO 小宮山慶太さん、インテリアコーディネーター・荒井詩万さんがプロデュースした4ブースと、その他10部屋の計14のコーディネートを8月19日まで展示する。

この日は、株式会社かねたや家具店・萩原優代表取締役、久々野智プロデューサー、有村さん、ピーターさん、荒井さん、藥師寺紋子さん(小宮山氏代理)が登壇。久々野智プロデューサーは「ネットでも家具が買える時代に、ネットでは体験できないおもしろい空間をご用意して、エンターテイメントとして体感できるものを作るのが、今の時代にあったリアル店舗のあり方かなと思った。どの部屋も、ドキドキするようなお部屋に仕上がっています」と自信を見せた。

リニューアルオープンを祝い、ゲストらによるテープカットを実施。著名人自身が、4つのスペシャルプロデュースルームを紹介するツアーも行われた。

 

著名人が手掛けた4つのコーディネート空間の見どころは?

「MOVIE」<映画コメンテーター・有村昆>

1 2 3 4次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。