体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まさにウォーターワールド! 北斎の「水の表現」に注目する展覧会が開催中

1805082

「変幻自在!北斎のウォーターワールド」展が、東京・両国のすみだ北斎美術館で開催中。会期は、6月10日(日)まで。

北斎の代表作の一つである「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」。この作品は「グレートウェーブ」の愛称で今や世界中で愛されており、北斎は、このダイナミックな波をはじめ、さまざまな水の表情を描いた作品をのこしている。

葛飾北斎とその一門が描く水の表現について着目する本展では、会場を「北斎すみだに生きる」「グレートウェーブ」「北斎と瀧廻り」「北斎の描く水 いろは」の4章で構成。代表作「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」に描かれた波をはじめ、水しぶきの表現、滝を描いた作品などが紹介され、キーワード別で水の表現の解説も加えられる。

命を宿しているかのように、うごめき、波立ち、きらめく北斎の描いた水が一堂に会するさまは、まさにウォーターワールド。刹那の水の動きを表現した作品の数々から、北斎の鋭い観察眼、北斎ならではの奇抜な構図、幅広い画法の学習の痕跡などを感じたい。

「変幻自在!北斎のウォーターワールド」
2018年4月24日(火)~6月10日(日)
前期:2018年4月24日(火)~5月20日(日)
後期:2018年5月22日(火)~6月10日(日)
会場:東京都 両国 すみだ北斎美術館
時間:9:30~17:30(入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜
料金:一般1,000円 高校生・大学生700円 65歳以上700円 中学生300円 障がい者300円
※小学生以下無料

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。