体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

絶対行きたい!人気美術ブロガーが選ぶ2018年おすすめ美術展5選

絶対行きたい!人気美術ブロガーが選ぶ2018年おすすめ美術展5選

アートブログ「青い日記帳」を主宰している美術ブロガーのTak(タケ)です。年間400ほどの展覧会を見て回る私が、2018年注目の展覧会をピックアップしました。これからでも間に合う、東京と東北で開催されるおすすめ展覧会を5つご紹介します。

【東北歴史博物館(宮城)】「東大寺と東北-復興を支えた人々の祈り」

東大寺の名宝、名物が東北で初めて一堂に会す展覧会

開催期間:4月28日(土)~6月24日(日)

東北歴史博物館 外観

東北歴史博物館で開催されている「東大寺と東北-復興を支えた人々の祈り」は、東日本大震災の復興を祈念する特別な展覧会です。
東大寺の名宝、名物が東北で一堂に会するのは初めてのこと。国宝17点、重要文化財25点を含む約150点が展示される、奈良や東京でもなかなかお目にかかれない規模の展示になっています。
大きな特徴は、東大寺の創建に多大な影響を与えた東北との関係性を構成に盛り込んでいることです。例えば、「奈良の大仏」として知られる東大寺の盧舎那(るしゃな)仏像造営には陸奥国小田郡(現在の宮城県)で産出した金が用いられていたなど、創建当初からあった東大寺と東北とのつながりやその背景に驚かされるはずです。
そのほか、快慶作「地蔵菩薩立像」やお水取りで有名な東大寺二月堂の「二月堂御正躰」も特別に陳列される、貴重な機会となっています。

【十和田市現代美術館(青森)】「ラファエル・ローゼンダール:ジェネロシティ 寛容さの美学」

世界初!インターネット・アートの代表的存在が個展を開催

開催期間:2月10日(土)~5月20日(日)

ラファエル・ローゼンダール:ジェネロシティ 寛容さの美学 展示風景《ルッキング・アット・サムシング(セレクティッド・ウェブサイツ)》 撮影:小山田邦哉

ラファエル・ローゼンダール:ジェネロシティ 寛容さの美学 展示風景《ルッキング・アット・サムシング(セレクティッド・ウェブサイツ)》 撮影:小山田邦哉

インターネットアートの代表的存在として知られ、ウェブ上で作品を発信している、1980年オランダ生まれ、米国在住のラファエル・ローゼンダール(Rafaël Rozendaal)。自身のサイトが年間5,000万回もアクセスされるほど、世界中から注目されているアーティストです。時代の最前線を走るアーティストの初めての個展「ラファエル・ローゼンダール:ジェネロシティ 寛容さの美学」が、十和田市現代美術館で開催されています。
無限に広がるネット空間とは大きく異なる「美術館」という展示空間に、一体彼はどのようにアプローチしているのでしょう?
会場の十和田市現代美術館は、昨年から常設展の写真撮影が可能になりました。現代アートを自分の視点で写真に収められるので、写真ファン、インスタグラマーのみなさんにもぜひおすすめしたいスポットです。

【森美術館(六本木)】「建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」

日本が誇る現代建築の本質に迫る

開催期間:4月25日(水)~9月17日(月)

建築の日本展 「ミラノ国際博覧会2015 日本館」
1 2次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。