体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1泊2日で疲れが癒える、魔法の国への扉の呪文は?「今日は定時で帰ります」【星野リゾート リゾナーレ熱海】

【熱海特集】行ってわかった、リゾナーレ熱海のこの上ない贅沢さ(C)Loco Yoneda

ある日、TABIZINE編集部に届いたお知らせ。言わずと知れた、あの星野リゾートが手掛けるリゾナーレ熱海から、なんとも贅沢な花金プランが登場したと言うのです。いてもたってもいられず、一足先にリゾナーレ熱海の花金プランを体験してきました!

金曜夜は残業しません、今日は定時で帰ります

さて、勝手に花金プランと称していますが、正式名称は「今日は定時で帰ります ぜいたく朝寝坊編」です。

“ぜいたくな夜更かし&朝寝坊”というテーマのもと、働き盛りの女性たちへ、週末の有効活用を提案するこのプランは、金曜日の夜〜土曜日の昼までをリゾナーレ熱海で贅沢に過ごすという内容。

「金曜の夜なので予定がありまして、本日は17時で失礼致します」
そう言って、早々に仕事を切り上げ、さあ、東京駅発18:03の熱海行きの新幹線に飛び乗りましょう!

熱海では、さっそく非日常が待っていた

熱海駅に到着した19:00前、すでに夕闇がせまっていました。駅からホテル専用の送迎バスに乗り、走ること約20分。熱海の高台に建つ「星野リゾート リゾナーレ熱海」に到着です。

【熱海特集】行ってわかった、リゾナーレ熱海のこの上ない贅沢さ暗がりに浮かび上がる、鮮やかなエントランスの明かりが印象的。(C)Loco Yoneda

早々にチェックインを終え、まずは客室へ。案内された客室は、120㎡もある広々とした和洋室タイプのテラススイートルームです。オーシャンビューのテラスからは、熱海の街と海が一望できます。

【熱海特集】行ってわかった、リゾナーレ熱海のこの上ない贅沢さスタイリッシュな洋室。テラスからは、四季を通じて、熱海の花火も眺められる。(C)Loco Yoneda 184192-03客室の一角にある和室。大の字で寝ころべる空間があるのは、嬉しいポイント。(C)Loco Yoneda

「夜景を眺めて、ここで美味しいお酒を一杯・・・」
いやいや、それにはまだ早い!ここはまだ、贅沢な時間の入り口にすぎません。時刻は19:30、ディナーのため、ツリーハウスへと向かいます。

贅沢すぎることこの上なし。ツリーハウスでの貸切りディナー

ホテルに隣接する森のなか、存在感を醸し出している樹齢300年ほどのクスノキ。ツリーハウスは、このクスノキの上にあります。ツリーハウスクリエーターの第一人者・小林崇氏が手掛けた、日本最大級のものだそう。

ツリーハウスへと繋がるウッドデッキは、眩いばかりにライトアップされ、異世界への扉が開かれたような、幻想的な光景。

【熱海特集】行ってわかった、リゾナーレ熱海のこの上ない贅沢さ(C)Loco Yoneda

わずかな灯りを頼りにクスノキの階段をのぼり、ツリーハウスに到達すると・・・キャンドルの灯火に彩られた、たった一組のディナーテーブルが!

【熱海特集】行ってわかった、リゾナーレ熱海のこの上ない贅沢さ(C)Loco Yoneda

専属の給仕さんに促され、席につくと、夢のようなディナー・コースの始まりです。

【熱海特集】行ってわかった、リゾナーレ熱海のこの上ない贅沢さ(C)Loco Yoneda
1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。