体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ベビーフードを上手に利用して育児の負担を減らしたい!

f:id:akasuguope01:20180309092628j:plain

1人目の育児のときは、離乳食を作るのはもちろん初めて。

私はベビーフードを使うことに抵抗があり、なにがなんでも手作りの離乳食を! と思っていました。

5ヶ月になった頃から離乳食を開始し、出汁もとり、たくさんの食材を使って離乳食作りをしました。とてもよく食べる子だったので、フリージングも間に合わないほど。常に離乳食を作っていたと思います。

外食の時にはベビーフードを利用することもありましたが、普段ベビーフードを使うことは手抜きしているという気持ちがあった私は、大変でも離乳食作りに努めていました。

そして2人目の娘がうまれ5ヶ月になった時、また離乳食が始まりました。

一人目の時はなんとかなったのですが、2人育児となり、毎日の育児に家事に追われる中、離乳食作りがとても負担に感じるようになりました。

そして娘は離乳食をあまり食べず、せっかく作っても全部口から出てきたり、手でぐちゃぐちゃにしたりするばかり。

作っては捨てるという繰り返しで、精神的に疲れてしまいました。

離乳食を投げる娘にイライラし、まだ小さい娘になんで食べないの? と声を荒げてしまうこともありました。 関連記事:「毎食ではなく1日、1週間単位で考える」これがズボラな私の離乳食をうまく進めるコツ

そんな時、母に「ベビーフードを使ったらどう? そんな気をはらなくても、上手に手を抜いたらよいと思うよ。捨てられてもいいやって思って気楽に考えてみたら?」と言われ、2人の子どもを育てる中でイライラするのは、どちらの子にとっても良くないと思い、私はやっとベビーフードを買い込みました。

すると、離乳食を作る時間を子どもと遊ぶ時間に回すことができるようになり、体力的にも精神的にも余裕が持てるようになりました。

持ち運びも便利なので、家ばかりではなく公園やフードコートなど色んな場所に出かけてベビーフードを食べさせました。

それまでなかなか外出できなかったのが、気軽に出かけられるようになったので、自分の気分転換にもなったと思います。

娘も少し食べるようになってきた頃、食育のイベントに参加しました。そこではベビーフードを利用するのも良い、そこに少し刻んだ野菜や炒めたひき肉をプラスするだけでも立派な調理という話があり、心が軽くなりました。

そんな娘ももう一歳をすぎ、ほぼ大人の取り分けでいけるようになりました。ですがまだまだベビーフードも上手に利用しながら、子育てを楽しみたいと思います。 関連記事:時間をかけて作っても2~3口しか食べてくれない離乳食。なぜ?!

f:id:akasuguope01:20180309092721j:plain

著者:もも

年齢:38歳

子どもの年齢:1歳、3歳

上の子は早産で小さく生まれ現在3歳になります。下の娘はやんちゃ盛りですがいつもニコニコ愛嬌のある子に育ってくれました。お兄ちゃんは幼稚園に通いはじめしっかりしてきたので、今はお手伝いもたくさんしてくれるようになりました。毎日楽しく過ごしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

初めて離乳食器セット。具だくさんのうどんなどが入るボウルが重宝します!
食べやすくてこぼれにくい! 汚れが一気に減った赤ちゃん用の焼きおにぎり
「毎食ではなく1日、1週間単位で考える」これがズボラな私の離乳食をうまく進めるコツ

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。