体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

渡航者が教える!ウユニ塩湖で最高の写真を撮るための5つのポイント

渡航者が教える!ウユニ塩湖で最高の写真を撮るための5つのポイント

ウユニ塩湖といえば真っ白の湖面や、湖面に空が映る鏡張りの美しい景色が人気ですね。最高に美しい景色を自分の目で見たい、そしてその景色の中でステキな写真を撮りたいと思いませんか?

実際にウユニ塩湖へ行き写真を撮ってきた私が、現地に行ったからこそ気づいたウユニ塩湖で最高の写真を撮るための5つのポイントをご紹介します!

 

ウユニ塩湖ではどんな写真が撮れる?

photo by pom

ウユニ塩湖は、一面塩の塊で覆われた塩の湖です。雨季には塩の上に薄く水が貼り、鏡に映したように空が映りこみます。この鏡張りの景色は日本人がウユニ塩湖を想像するときにまずイメージするものでしょう。

一方、ウユニ塩湖では雨がほとんど降らない乾季もあります。乾季には湖の水はすべて蒸発し、真っ白い塩が遠くまで広がる景色を楽しむことができます。この乾季は、特に欧米の方にも人気が高いです。

私がウユニ塩湖に行った時期は雨季で、きれいな鏡張りの景色を見ることができました。今回は人気の鏡張りで、よりきれいな写真を撮るためのポイントを中心にご紹介していきます。

 

ポイント1 天気予報でツアーを選ぶ

photo by pom

ウユニ塩湖での写真の出来を大きく左右するのが、天候です。雲の少ない天気のよい日に写真を撮ると、空が湖面にきれいに反射して最高の写真を撮ることができます。

しかし、あまりに雨が少ない時期にウユニ塩湖へ行くと、湖の水量が少なすぎてしまったり、水が汚くなってしまったりするため、きれいな写真を撮ることができません。

また、雨季はほぼ毎日雨が降るので、一日中晴れている日に当たる保証もありません。

そのため、ウユニ塩湖で最高の写真を撮るためには日程に余裕を持つこと、そして天気の良さそうな時間帯のツアーを選ぶことを意識してください。日程に余裕があると、天気が崩れてしまってもツアーの日程を柔軟に動かすことができます。

ツアーは朝、昼、夜と幅広い時間帯で開催されており、それぞれ異なる表情を楽しむことができます。夜だけ雨、といったように時間帯によって天候も大きく変わるので、天気予報をよく確認して一番天気のよい時間帯を選ぶのも重要ですよ。

 

ポイント2 きれいな湖面を求めてとにかく進む

photo by pom

ポイントの2つ目は、きれいな湖面があるスポットまでとにかく諦めずに進むことです。

ウユニ塩湖の写真を見ると、透明度の高いきれいな湖面が多いように感じます。しかし、実際のところ入口の近くや水の流れが悪いところ、人が多く通るところでは湖面が汚いこともあります。

湖面の中には泡が立っている場所、水が深くなりすぎて波が立ってしまっている場所、浮遊物や汚れが浮いている場所などもあります。これらを避けるためには、できるだけ人が少なく、丁度よい水の深さの場所を見つける必要があるのです。

ツアーガイドによっては、ある程度の場所で妥協されてしまったり、ガソリン代を節約したいがためにあまり遠くまで行ってくれなかったりすることがあります。自分でどの程度きれいな湖面であればよいのか調べておくことはもちろん、何度かウユニ塩湖に行ったことがあり、状況を知っている人と一緒に行くことをおすすめします。

場所に納得がいかない場合は、しっかりと運転手に要求することも大切ですよ。もちろん、天候によっては最高の状態の湖面を見つけられない場合もあるので、ガイドとコミュニケーションをとって確認してくださいね。

ポイント3 ツアー会社選びが肝!

photo by pom

最高の写真を撮るためには、最高の写真の撮り方を知っているツアー会社を選ぶことも大切です。特に、日本人は他の欧米諸国からの観光客と比べて写真への要求度が一般的に高いと言われています。そのため、日本人の要求をよくわかっている日本人の多いツアー会社を選ぶとよいです。

日本人に人気のツアーで特におすすめなのが穂高ツアーです。穂高という名前ですが、決して日本人が運営しているわけではないので注意してくださいね。

穂高ツアーのドライバーは日本人が好きな鏡張りについてよく理解してくれています。ウユニ塩湖での写真撮影に使えるカラフルなグッズを準備してくれていることも多いです。ガイドが進んで写真撮影の役をかってくれたり、最高の写真が撮れるポージングを教えてくれたりもしますよ。

ツアーは基本相乗りで行きますが、日本人同士だったのでコミュニケーションも取りやすかったです。ガイドの人は、一緒にツアーに参加した全員で撮るグループショットをカラフルな椅子を使って撮ってくれました!

写真だけでなく、音楽に合わせた動画やおしゃれなマーチングムービーを撮ってくれたりもしました。どこまでやってくれるかはガイドによると思いますが、もしこんな写真を撮ってみたい!というものがあるのならば、ぜひガイドにお願いしてみてください。快く引き受けてくれるはずですよ。
■詳細情報
・名称:HODAKA MOUNTAIN
・住所:Av. Ferroviaria entre Arce y Sucre
・公式サイトURL:http://www.uyunihodakabolivia.com/en_index.php

 

ポイント4 映える小道具は必須

photo by pom

ウユニ塩湖では、真っ白な塩やどこまでも広がる空、そして湖面に鏡のように映る空を楽しむことができます。青や白で統一された世界はとても美しいです。

そんな白と青の景色の中でよく映えるのが緑やオレンジ、赤、青など濃い色味の小道具です。カラフルな小さな椅子は、ツアー会社が用意してくれていることも多く、使い勝手もよいアイテムです。

そのまま並べてもかわいいですし、椅子に座ったり、立ったり、またまた組体操のようなポージングをしたりと、さまざまな写真が撮れますよ。

小さなおもちゃの恐竜やペットボトルなどもウユニ塩湖の写真撮影でよく使われるアイテムです。ウユニ塩湖には壮大な景色が広がっているので、これらのアイテムを使ってトリック写真を撮ることもできます。

ツアー会社やガイドによって準備しているものが異なるので、絶対これは使いたい!というアイテムがあったら、事前に確認しておくか自分で準備しておきましょう。

💅美女美容事情💅【ビジョビ】さん(@b_b_j.j)がシェアした投稿 – 2017年 6月月17日午前1時58分PDT

 

ポイント5 写真映えする服装をチョイス

photo by pom

最後に5つ目のポイントとして、ウユニ塩湖へ行くときの服装にも気を配ってみてください。先ほどカラフルなアイテムが映えるとご紹介したように、青と白のシンプルな景色が広がるウユニ塩湖では、鮮やかな服を着て立っているだけで素敵な写真が撮れますよ。

特に、旅行中は黒やグレーなどシンプルな服装になりがちです。実際、わたしもウユニ塩湖に行ったときはジーンズに紺のジャンバーという非常にシンプルな服装でした。隣の人が黄色のジャンパーを着ていて、色味があるものを持ってくればよかった!と後悔したものです。

動きにくい恰好や、おしゃれな恰好をする必要はありませんが、色味だけでもぜひ気を遣ってみてくださいね。

 

ウユニ塩湖で理想の写真を撮ろう!

ウユニ塩湖は雨季でも乾季でも、それぞれここでしか見られない幻想的な景色を楽しむことができる場所です。最高の景色を楽しむためにも、ぜひ日程に余裕を持たせ、天気予報をこまめに確認してくださいね。

景色の写真だけでも十分ステキですが、より最高の写真を撮るために、小道具やアイテム、そして服装などにも気を配ってみてはいかがでしょう。

ぜひウユニ塩湖に行く前には、今回ご紹介した最高の写真を撮るための5つのポイントをチェックしてくださいね。

関連記事リンク(外部サイト)

うどんだけじゃない県「香川」の観光スポット・絶景15選
シドニーやメルボルンだけじゃない!西オーストラリアの絶景観光地8選
日本も負けてない!国内線で見られる絶景5選
新時代の旅カメラはコレだ!一眼レフに匹敵するスマホサイズの16眼コンデジ

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。