体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

置くだけじゃない。自由に吊るせる「万能」パタパタシェルフ

置くだけじゃない。自由に吊るせる「万能」パタパタシェルフ

ないと不便だけど、置いてしまうと急に部屋が狭くなる、棚。

じゃあ、必要なときに、必要な分だけ使えたらいいんじゃない?という発想で生まれたのがこの棚「GATE」です。収納の新たな可能性をつくります。

ほしい分だけ
パタパタと棚に

置くだけじゃない。自由に吊るせる「万能」パタパタシェルフ

「GATE」は、木製の可動式シェルフ。壁に沿って設置できて、必要な分だけパタパタと倒して使います。

1つひとつのパーツは棒状なので、幅の調整が自由自在。1本だけ立てて、帽子やハンガーをかけて、洋服掛けとしても使ってもOK!ジャケットやロングコートなど、長さの異なる服を吊るすのにもピッタリです。置くだけじゃない。自由に吊るせる「万能」パタパタシェルフ

簡易テーブルとしても◎

置くだけじゃない。自由に吊るせる「万能」パタパタシェルフ

キッチンの近くに設置すれば、ちょっとしたテーブル代わりにもなります。軽くお茶をしたいときにも便利です。

ワインボトルのように横に倒したら転がってしまうものも、隙間の部分がしっかりホールド。グラスラックとして使うことだってできちゃいます。

逆に、なんでも置けてしまうし、これ自体がインテリアになるからこそ、配置や置くものによってはものすごく乱雑になってしまいそう。使う人のセンスが問われますね。置くだけじゃない。自由に吊るせる「万能」パタパタシェルフ置くだけじゃない。自由に吊るせる「万能」パタパタシェルフ

ライフスタイルに応じて、棚に置くものは変わるもの。
アイディア次第で、棚自体の形を好きなようにカスタマイズできるから、生活のどのシーンでも使えるのがいい!

使わないときは全部しまえばただの壁になるので、大きい棚は置けない狭い部屋にも最適。こういうアイデアって日本のライフスタイルにマッチすると思うんですよね。Licensed material used with permission by Artem Zakharchenko

関連記事リンク(外部サイト)

一見よくある棚。でも本当は次世代型。
縦でも横でも!とことんワガママを叶えてくれる「マルチな家具」
「学ぶ」ためのキャビネット

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。