体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『リメンバー・ミー』の名ゼリフ「チャンスを掴め!」は英語で何という?

映画『リメンバー・ミー』の名ゼリフ「チャンスを掴め!」は英語で何という?

『頑張らない英語』シリーズ(あさ出版)『TOEIC最強の根本対策』シリーズ(実務教育出版)など数々の英語学習に関する著書を出されている西澤ロイさん。英語の“お医者さん”として、英語学習の改善指導なども行っている西澤さんに「正しい英語学習の方法」についてお話しいただくこのコーナー。第17回目の今回は、「海外アニメ映画に学ぶ英語フレーズです。今回は今話題の映画「リメンバー・ミー」を題材にしたいと思います。


プロフィール

西澤ロイ(にしざわ・ろい) イングリッシュ・ドクター

英語の“お医者さん”として、英語に対する誤った思い込みや英語嫌いを治療し、心理面のケアや、学習体質の改善指導を行なっている。英語が上達しない原因である「英語病」を治療する専門家。ベストセラーとなっている『頑張らない英語』シリーズ(あさ出版)や『TOEIC最強の根本対策』シリーズ(実務教育出版)他、著書多数。さらに、ラジオで4本のレギュラーがオンエア中。特に、木8の番組「めざせ!スキ度UP」が好評を博している。

海外のアニメ映画は、英語学習の題材として、とてもオススメできます。映画「リメンバー・ミー」を題材にして、実際に登場した英語表現を味わってみましょう。

映画「リメンバー・ミー」を吹替ではなく字幕版で見てきました

ピクサーの映画「リメンバー・ミー」はご覧になりましたか? 私ロイも観ましたよ。もちろん、英語で。

大抵の映画館では、アニメ映画は通常「吹替版」が上映されます。おそらく、親子で楽しめるように……という配慮なのでしょうか。しかし、英語学習者としては、吹替音声ではなく英語音声で楽しみたいところです。

地方在住だとなかなか厳しいかもしれませんが、東京近郊にお住まいであれば、新宿や渋谷、有楽町などで字幕版の上映がありますので、チェックしてみてはいかがでしょうか(また、DVDが出たらそれで繰り返しお楽しみください)。

「リメンバー・ミー」の英語でのタイトルは?

そもそも、「リメンバー・ミー」の英語版での題名はご存知ですか? 「Remember Me」ではありません。それは映画中に出てくるヒット曲のタイトルですね。映画のタイトルとしては「Coco」です。主人公ミゲル(Miguel)のひいおばあちゃんの名前ですね。

海外の映画は、このように元のタイトルを知っておくことが非常に大切です。そうしないと、外国人と映画の話をしようとしても通じなくて困ってしまうかもしれないからです。

例えば、海外のアニメ映画のタイトルを挙げるなら「アナと雪の女王」「美女と野獣」「レミーのおいしいレストラン」。逆に、日本から海外に輸出された映画であれば「君の名は」「千と千尋の神隠し」「となりのトトロ」。これらの英語でのタイトルが分かりますか?

・アナと雪の女王(アナ雪) - Frozen

・美女と野獣 - Beauty and the Beast

・レミーのおいしいレストラン - Ratatouille

・君の名は - Your Name

・千と千尋の神隠し - Spirited Away

・となりのトトロ - My Neighbor Totoro

なお、「レミーのおいしいレストラン」のタイトルに関して1点だけ補足しておきます。フランス料理の「ラタトゥーユ」の正しいスペルは「Latatouille」ですが、ネズミのratに引っかけてあり、「Ratatouille」(発音は「ラタトゥーイ」)になっているのです。

英語のままのニュアンスを味わおう

英語で映画を見るということは、英語(原語)のままのセリフを味わえる、ということです。これは、英語を学んだ人だけが味わえる特権のようなものです。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。