体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

5月は肌荒れしやすい!? 守りながらメイク持ちを高めるミスト『アレルバリア』

新生活のスタートによる生活環境の変化や、気候の変化、花粉などの影響で肌が不安定になりがちだった4月。そんな時期を越え、ゴールデンウイークも過ぎたのに、肌のかゆみやヒリつきが治らない…という方も少なくないのでは?


実はまだまだ肌が揺らぎやすくデリケートな5月。その要因として考えられるのは、主に以下の3つ。

●<気温の上昇や激しい温度差>
日中は汗ばむくらい暑く感じる日も増え、皮脂分泌も活発に。すると花粉やPM2.5などの外的刺激要因が肌表面に付着しやすくなり、肌ダメージを受けやすい状態となってしまう。さらに皮脂が酸化すると肌トラブルの原因となってしまうため、注意が必要。

●<乾燥>
カラっと心地よい初夏の風は、実は冬と同じくらい乾燥しているのだとか。つい油断をしてスキンケアをライトにしがちだが、さらにエアコンの効いた部屋との出入りもあると、室内外の湿度差によって余計に肌表面の水分は一気に乾燥しやすい状態に。

●<増する紫外線>
爽やかな天気のもと、ついつい外に出たくなってしまうが、5月になると紫外線量もぐんとアップ。特に季節の変わり目で、前述してきたように肌がデリケートな状態かつ外的刺激を受けやすい状態だと、真夏ほど強くない紫外線でも、受けるダメージは大きいというのは想像つくはず。

日焼け止めをしっかりと塗ることはもちろん、肌の炎症を防ぐためのケアも余念なく行うのがベター。

さらに、これらの外的要因に加えて、“五月病”という言葉があるように新生活の疲れがどっと出て、ストレスも感じやすいこの時期。快適な行楽シーズンの到来をワクワク感じながらも、外的環境も内的にも、一年の中で意外にもデリケートになりがちな季節といえる。

こんな5月の時期に必要な肌ケアは、『本格的な紫外線ケアを始めること』『肌を外的刺激から守ること』『化粧崩れ対策』。

花粉など空気中の気になる微粒子や乾燥からデリケートな肌を守るには、肌表面の“水分”と“油分”のバランスが重要。これらがベストな状態で混ざり合うことで天然の乳液を形成し、肌表面のバリア機能を発揮するわけだが、不安的な状態の肌は自分の力だけではうまくいかず、よりダメージを受けやすくなって悪循環に陥りがち。

メイク直しやリフレッシュ時に、ミスト化粧水を使う人も多いと思うが、今回注目したのが“オイル層と化粧水層”の両方が混ざったミストタイプの化粧水だ。

■「d プログラム アレルバリア ミスト」1620円(税込)

“ときどき敏感肌”を繰り返しがちな肌を守りながら美肌へ導く、資生堂のスキンケアシリーズ「d プログラム」から2018年1月に発売された今年の新アイテム。

資生堂の調査によると、肌荒れを実感した時に、スキンケアやメイクアップアイテムを肌に合わせて変えるという人と、いつも通りに使い続ける人がいるそう。また合わせて、肌荒れにより、化粧直しをしてもキレイに直せない…と感じる人が多いのだとか。

そのような背景から、普段の手持ちアイテムにプラスするだけで気軽に、日中の肌を守りながら化粧もちをアップさせるための「アレルバリア ミスト」が生まれた。

1月に発売された商品だが、まさに今の5月時期の肌悩みを解消するのにピッタリなアイテム!


メイク直しの際には、ティッシュで軽くおさえて、肌表面の余計な皮脂や汗、付着した汚れをオフしてから、軽く振って二層を混ぜてからシュッと顔にスプレーすると肌表面の水分油分が好バランスでリセットされ、心地良いみずみずしい肌が蘇る。

ただの保湿ミストにはもちろんとどまらず、空気中の微粒子汚れから敏感に傾いた肌を守り保護する、アレルバリアテクノロジーも搭載。

さらに、オイル層を配合しながらも、皮脂崩れ防止成分がベースメイクのもちを高め、ツヤのあるなめらかなメイクの仕上がりをキープし続けてくれるのも◎。

また、アルコールやパラベン、鉱物油無添加、無香料、無着色、クリーン製法…と、デリケートな肌でも安心な低刺激設計も嬉しいところ!

ミスト化粧水はたくさんあるが、1620円(税込)というお手頃プライスで、保湿だけでなく肌荒れブロックまでできるなんて万能過ぎる。

同シリーズの日焼け止め「d プログラム アレルバリア エッセンス」と合わせて、ぜひチェックしてみて。

資生堂 d プログラム 『アレルバリア』シリーズの詳細はこちら
( http://www.shiseido.co.jp/dp/allerbarrier/ )

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。