体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まさか。リビングへの馴染み具合がハンパない「スピーカー」

まさか。リビングへの馴染み具合がハンパない「スピーカー」

もう、結論からお伝えしてしまいます。

これ、スピーカーなんです!

まさか。リビングへの馴染み具合がハンパない「スピーカー」まさか。リビングへの馴染み具合がハンパない「スピーカー」

え、どれが?となりそうですが、この木枠の話。

一見ただの棚のようですが、木枠でできたスピーカー「WAKU speaker」です。

木枠とセットになっているスピーカーユニットの振動を、木の筐体に直接伝えることで、パワフルで繊細な音を再現していて、しかも周囲 360°に 満遍なく音が響き渡るから、部屋全体がリスニングポイントになるという優秀さ!

とは言いつつも、実際の音色はどうなの?と気になりますよね。

ではこちらの動画で実際に比較してみてください。
(ぜひイヤホンで聞いてみて)

どう思いました?

もちろんメーカーや商品によって異なりますが、WAKU speakerのほうが骨に響いてくるような低音が感じられるはず。

スピーカーユニットには、強力な磁石とコイルで生まれた振動を効率よく生かす新しい技術が使われているので、インテリアとしてのデザイン性はもちろん、ちゃんとスピーカーとしても差をつけているんです。

ちなみに、ここに物を乗せても、音質は落ちません。

セッティングも
もちろんラク

まさか。リビングへの馴染み具合がハンパない「スピーカー」 置く場所を決めたら、まさか。リビングへの馴染み具合がハンパない「スピーカー」 木枠部分とコードで接続して、まさか。リビングへの馴染み具合がハンパない「スピーカー」

Bluetoothでサクサク操作!

いや〜、それにしても
リビングへの馴染み具合が
半端ない

<テレビ台>まさか。リビングへの馴染み具合がハンパない「スピーカー」 <ちょっとした食器棚>まさか。リビングへの馴染み具合がハンパない「スピーカー」 <お風呂場用のサブスピーカー>まさか。リビングへの馴染み具合がハンパない「スピーカー」

 

ちなみにこちら、現在Makuakeでグラウドファンディング中なのですが、早々に達成済み!

納得です。Licensed material used with permission by 小山 皐

関連記事リンク(外部サイト)

部屋のどこかにスピーカーがあるのに「見つからない」
冷蔵庫が奏でる「音楽」を聴こう!
この絵画の中に、「スピーカー」が隠されている。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。