体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

チャットモンチー、“完結宣言”の真相を語る「次に目指す場所が、やっと見つかった」

チャットモンチー、“完結宣言”の真相を語る「次に目指す場所が、やっと見つかった」
J-WAVEで放送中の番組『SPARK』。5月の水曜日はマンスリー・ナビゲーターとして、チャットモンチーが登場。初回となる5月1日のオンエアでは、7月で活動を“完結”することにまつわる話や、チャットモンチーに関するクイズに答えました。

■「ひにひに」とは…2年ぶりの正解発表

チャットモンチーは、以前『SPARK』を担当していて、2年1ヶ月ぶりに戻ってきました。オープニングは二人による「ひにひに〜」という一言からスタート。以前放送していた『SPARK』では、毎回徳島の方言“阿波弁”をクイズとして出題。リスナーの頭をもやもやさせたまま、翌週に答え合わせをする企画をやっていました。

橋本:クイズを出してたんやね。なんでそんなことしたんやろね。なんで(最終回なのに)問題を出して終わったんやろ。
福岡:760日近く、みんなもモヤモヤしてたわけ。「そんなことをして、誰が得する?」って感じ。しかも「ひにひに」には大した意味がないっていう。
橋本:最終回は関係なかったな。
福岡:「日に日に」っていう標準語があるでしょ? あれとはちょっと違うんよね。標準語では「日ごとに」という意味だけど、徳島では「毎日」っていう意味。「えっちゃん、日に日にチョコばっかり食ってるな」みたいな感じ。
橋本:そうです!

■「完結宣言」の真相

チャットモンチーといえば、今年の2018年7月で「完結する」という宣言をしました。どんな思いを込めているのでしょうか。

福岡:敢えて“完結”といっているのは、なぜなのでしょう?
橋本:“解散”という言葉の重みというか、グッとくる感じってあるじゃない。あれを避けたいなというのが最初に浮かんで、(解散というと)“散る”イメージがない?
福岡:いや、その前の段階のことを聞きたいんじゃないの?(笑)
橋本:そっか(笑)。
福岡:「チャットモンチー・メカ」という新しい形態でツアーを回ってたんです。しかもファンの方にちゃんとした説明をすることもなく、次は打ち込みでチャットモンチーをやりたいんですって言って、急にそんな感じでツアーを回り始めて楽しかったけど、音楽をやっていると、ツアー中に次のリリースの話をどんどん進めていかないといけないんです。私たちもメジャーデビューしてるので、ちゃんといろいろなスタッフと話し合って、「次にいつCDを出すか」という話をどんどんしていかないといけない中、ツアー中に早く次を決めないといけないかったんです。
橋本:そうなの。でも、だいたいいつもツアー中にいろんな発見ができるよな。次にしたい衝動が湧いてくるのはだいたいツアー中で、その「チャットモンチー・メカ」のツアー中に出したのが「完結」させようという“行動”でしたね。
福岡:次にやりたいことが全然見つからなかったの。「メカ」は本当にやりたかったけど、「これ以上にやりたいことがある?」みたいな、お互いに探り探り聞いたら、「けっこうやりきったんちゃう」っていう話になったし、やっぱりチャットモンチーっていう名前ではやりきったなって思いが、けっこうあったのね。
橋本:ありました。
福岡:昔から「名前を変えよう」って言ってた時期はちょこちょこあって。やっぱり、自分の名刺みたいなものが私たちよりも前を進んでるときがあったり、私たちが決めたようでいて、環境によってどんどん運命が決まる場合もあって、それは“名前があってこそ”のいいことも困ることも悩むこともあって、そういうのを脱ぎさりたいというか、思いっきり新しいことをやりたいというか。あのときは、そういう感じでしたね。だからチャットモンチーではやりきったと言えるんじゃないかと思って。その話をした日は、二人ともめっちゃすっきりしてましたよね。
橋本:次に目指す場所が、やっと見つかったっていう安心感とか、ありましたね。

その後、心情もちょっとずつ変化したものの、「音楽的に、チャットモンチーとして届けられるマックスだったかな」と話しました。

1 2次のページ
J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。