体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【猫との暮らし】中野のワンルームで愛猫と暮らす女性に、ペット可物件を探すコツを聞いた

猫と引っ越しを重ねて3軒目。理想の住まいを手に入れた

ペット可でも「猫は不可」とされている物件もある。「爪とぎで内装を傷つける」というのがその理由だ。猫の性格にもよるが、爪とぎ器の設置や爪切りで対策できるケースも多い。

愛猫の“はっさく”を飼い始めてから3軒目の部屋に住む遠藤さんは、理解ある家主に出会い、理想の住まいに好条件で入居することができたそう。そんな遠藤さんに、ペット可物件の部屋探しについてや交渉のコツについて聞いてみた。「部屋を気に入っている人~?」「は~い」なんていう会話が聞こえそう|【猫との暮らし】中野のワンルームで愛猫と暮らす女性に、ペット可物件を探すコツを聞いた

「部屋を気に入っている人~?」「は~い」なんていう会話が聞こえそうプロフィール

名前:遠藤
職業:ウェブメディアの編集ライター
居住形態:1人暮らし+ミックス1匹
猫にかかる月々の費用:約5,000円ルームデータ

所在地:東京都中野区
家賃:68,000円
間取り:1R(28㎡)
築年数:15年猫プロフィール

はっさく(オス・推定15歳):人にはフレンドリー。でも猫は嫌い。里親に出そうと思ったら病気が発覚。引き取りを決意!

「はっさくとの出会いは、青森県のアパートに住んでいた大学生の時です。ゴミ捨て場をウロウロしていた猫と目が合って、『家に来る?』と誘ったらついてきました(笑)。最初は保護して里親に出すつもりでしたが、推定3歳と若かったのに尿結石症だったんです。それでなかなか里親が見つからず、覚悟を決めて飼うことにしました。それから12年間の付き合いです」(遠藤さん)「ニャーニャー」とよく鳴くはっさく。「青森「青森県十和田市出身だからきっと南部弁(笑)」と遠藤さん|【猫との暮らし】中野のワンルームで愛猫と暮らす女性に、ペット可物件を探すコツを聞いた

「ニャーニャー」とよく鳴くはっさく。「青森県十和田市出身だからきっと南部弁(笑)」と遠藤さん

大学卒業後に実家へ戻った後、上京して新宿区のマンションに住み、次に現在の中野区のマンションへ引っ越した。爪とぎ器の設置と定期的な爪切りで内装を傷つけたことはないが、「不動産屋さんや大家さんには、『猫は部屋を傷つける』『おしっこで臭くなる』と思われていることが多かった」と部屋探しには苦労したとか。

現在の部屋は6件目に訪ねた不動産会社で出会った。家主が提示した猫を飼う条件は敷金1ヵ月・礼金2ヵ月だったが、はっさくの性格や爪切りしていることを伝えて交渉し、敷金2ヵ月・礼金1ヵ月に変えてもらった。「敷金ならきれいに使えば戻ってくる」というのが理由だ。良い物件に出合えたのもはっさくのおかげ?“招き猫”ポーズで得意そう|【猫との暮らし】中野のワンルームで愛猫と暮らす女性に、ペット可物件を探すコツを聞いた

良い物件に出合えたのもはっさくのおかげ?“招き猫”ポーズで得意そう猫が思い切り走れるように奥行きがある部屋を選んだ

上京して初めて住んだ部屋は利便性と家賃重視。都内の交通路線に迷わないように考えてのことだったが、狭いうえに日当たりはいまひとつ。失敗を教訓として手に入れた現在の部屋は、遠藤さんとはっさくにとって理想の住まいとなった。

「はっさくはキャットタワーの上下運動よりも、おもちゃを追いかけるほうが好き。思い切り走れるように、細長い部屋を選んだんです。ベランダも広くてひなたぼっこにぴったり。周りの環境が静かで、隣室との仕切りもしっかりしているのが気に入りました」(遠藤さん)奥行きのある間取り。日差しが当たるところにお気に入りのベッドを配置|【猫との暮らし】中野のワンルームで愛猫と暮らす女性に、ペット可物件を探すコツを聞いた
1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。