体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ちょっとそこのお父さん! お宅のファミリーカー、予算150万円ぐらいで「アウディのステーションワゴン」にできますよ!

▲次の「家族グルマ」を、例えばコレにしてみるというのはどうでしょうか? 何やらかなり高そうに見えますが、実は総額150万円ぐらいからイケちゃいますので!

▲次の「家族グルマ」を、例えばコレにしてみるというのはどうでしょうか? 何やらかなり高そうに見えますが、実は総額150万円ぐらいからイケちゃいますので!

「いい感じの輸入車」にもお手頃相場なモデルはある

「今乗ってる国産コンパクトカーの走行距離がそろそろ10万kmを超える」「もうそろそろ車検時期でもある」などの理由で、車の買い替えを検討中のパパさんも多いかと思います。

ご自分の他にお子さんが1人か2人、そして妻。コンパクトカーを愛用されているご一家であれば、こんな3~4名のご家族構成でしょうか。

仮にそんな方々だと想定します。

次の車に、似たようなタイプの国産コンパクトを再び選ぶのも悪くないですし、もう少し大きなミニバンにしてみるのもひとつの手でしょう。

しかしそれと同時に、いっそこの際「輸入車」を選んでしまうというのも、かなり悪くない選択です。

もしかしたらですが、奥さまも内心は「どうせなら国産のコガタシャ(の中古車)じゃなくて、ちょっといい感じの輸入車でお出かけしたい」なんて思っているかもしれませんしね。

ですが貴殿の車が冒頭の仮定どおり、つまり「走行10万kmレベルの国産コンパクト」だとすると、正直申し上げて高値での買い取りや下取りはあまり期待できません。

そうなると「中古車とはいえ、家族全員がゆったり乗れる『ちょっといい感じの輸入車』なんて高いに決まってるんだから、かなり無理があるだろ!」と考えるのが普通でしょう。

それはまぁ基本的にはそのとおりなんですが、意外とそうでもない場合も、世の中にはけっこうあるものです。

例えば2016年まで生産されていた4代目のアウディ A4アバントという選択。

コレ、見た感じかなりステキですが、総額150万円ほども見ておけば、走行距離5万km以下の物件が最近は余裕で狙えてしまうモデルなのです。

▲アウディ A4アバントは、アウディのミドルクラスサルーンである「A4」をベースとするステーションワゴン。写真の4代目(旧型)A4アバントは2008年から2016年まで新車として販売されたモデルです

▲アウディ A4アバントは、アウディのミドルクラスサルーンである「A4」をベースとするステーションワゴン。写真の4代目(旧型)A4アバントは2008年から2016年まで新車として販売されたモデルです

▲決して大ぶりなステーションワゴンではありませんが、ラゲージルーム内の設計が適切であるため(凸凹が少ない)、横にした状態のゴルフバッグ2つを余裕で収容します

▲決して大ぶりなステーションワゴンではありませんが、ラゲージルーム内の設計が適切であるため(凸凹が少ない)、横にした状態のゴルフバッグ2つを余裕で収容します

注目は走行3万km台から4万km台の直4直噴ターボ

詳しくご存じの方も多いと思いますが、アウディ A4というのはメルセデスで言うCクラス、BMWで言う3シリーズに相当する、いわゆる「プレミアムDセグメント」に属するモデルです。

そしてそのアバントは、普通のメーカーで言うところのステーションワゴンです。

で、先述した4代目 A4アバントは2008年8月から2016年3月まで販売されたモデルで、2012年4月に行われたビッグマイナーチェンジを境に前期型と後期型に分かれます。

▲ちなみにこちらが2012年4月以降の後期型。外観の手直しがされるとともに、全車マルチファンクションスイッチ付き本革巻きステアリングホイールになったりもしています
1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。