体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今すぐ梅雨対策!驚きの軽さ&便利な『Smooth Automatic スリム自動開閉傘』を実際に使ってみた!

そろそろ梅雨の準備をはじめなきゃ! これからの季節に「折りたたみ傘」は必須アイテム。今、ビジネスマンに人気の『Smooth Automatic スリム自動開閉傘』はどれくらい便利? 実際に使ってその魅力をチェックしてみた!

デメリットを克服した『Smooth Automatic スリム自動開閉傘』は最強!?

雨が続く梅雨、そして近年ゲリラ豪雨など突然の雨に悩まされる夏。自分や荷物を雨から守ってくれる「傘」はなくてはならないアイテムだ。特に、ワンタッチで開閉できる「自動開閉傘」と呼ばれる便利な傘は、バッグの中に1本入れておくと「持っていてよかった!」と感じる機会はとても多い。

 

自動開閉傘は、「持ち物が多くて両手があかない」という場合や「今すぐに傘を開きたい!」という状況で活躍し、とくに車から乗り降りする際にはものすごく便利だと思う。こどもを抱っこしていて荷物も多い、記者にとっては日常生活でも欠かせないアイテムだ。ボタンひとつでさっと開閉する傘はメリットいっぱいに見える。

 

が、デメリットもあり、商品によってはボタンが押しにくかったり、壊れやすいため開閉が中途半端な状態で止まってしまったりで困るという声も多い。

オリジナル傘を製造・販売するアンベル株式会社(愛知県名古屋市)『Smooth Automatic スリム自動開閉傘』(全7色・希望小売価格 税抜4,500円)は、これらの悩みをスッキリ解決した軽くて丈夫な自動開閉傘! 楽天市場やアマゾンなどをのぞいてみると、自動開閉傘は1500円~10000円程度まで価格の開きはわりと大きいようだが、ちょうど真ん中あたりのお値段だ。

親指でポチッとボタンを押すだけで、傘が開閉する仕組み

『Smooth Automatic スリム自動開閉傘』は、ワンタッチで傘が開く・閉じるを何度でも繰り返せる便利な折りたたみ傘。使用時のサイズは約97×56cm。持ち手部分にあるボタンをポチッと押すと、強力撥水コーティングされた生地が瞬時に開閉する。(シャフトの伸縮は手動)

スプリング構造を見直したことで、力が弱い女性でもスムーズに操作できるようになっており、しかも500回の開閉耐久テストをクリアした猛者! 第三者検査機関において、1分間に6回の速度を500回連続で開閉する耐久テストを行なった後でも問題なく使用できるというから安心だ。

実際に持ってみるとまず驚くのが、その圧倒的な「軽さ」。シャフトは細いがしっかりとしていて丈夫そう。傘の生地はポリエステル100%で、15デニール(ストッキングに使われている糸と同じ太さ)で織り上げた薄手タイプ。薄めの生地のエコバッグのような、つるつるとした柔らかい手触りだ。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。