体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スマホでバクテリアの動きをリアルタイムで観察

スマホでバクテリアの動きをリアルタイムで観察

スマホを使ってリアルタイムで細菌の有無をチェックできる衛生管理のアイテムが「mil-kin」。サンプルを採取して本体に垂らせば、スマホのモニターにバクテリアなどを映し出してくれるというわけです。これまで現場では困難だった視覚的な衛生管理を見える化してくれます。

スマホを利用して菌をチェックする

アクアシステムの「mil-kin」は、スマホのカメラを利用した菌のセルフチェッカー。ネーミングは「見る菌」から来ています。本体の試料ステージに、サンプルを1滴垂らして観察する仕組みです。

スマホは本体上部に置き、マルチ対応調整穴にカメラレンズを合わせます。レンズ倍率は1,000倍で、視認可能サイズは1μm以上、電源は単3型乾電池×2本です。サイズ/重さは175W×113H×146Dmm/450g。標準価格は107,784円です。

実際にスマホで菌をチェックしてみました。まずは綿棒を水で濡らし、サンプルを採りたい目的物をよく拭き取ります。今回は手の平にどのような雑菌が繁殖しているかを確認してみましょう。

スマホのモニターで菌の動きを確認

付属のマイクロチューブに水を入れ、サンプルを拭き取った綿棒を挿して撹拌します。続いて付属のピペットで、マイクロチューブからサンプルを採取。吸い上げたサンプルを1滴、試料ステージに垂らして電源スイッチをオンします。

すると、手の平に繁殖している菌が動いている様子がスマホのモニターで確認できました。このほか、手で触る機会の多いスマホからサンプルを採取。多くはありませんが、菌を確認できました。さらに、泥水からサンプルを採取すると、大量の菌や動き回るバクテリアが確認できたのです。

例えば災害時の避難所では、衛生状態の悪化が懸念され、雑菌による2次災害に注意が必要。食中毒や入れ歯に増殖した雑菌が原因の誤えん性肺炎など、リスクが高まります。避難所などに用意してあると、衛生管理の注意喚起に役立つでしょう。

関連記事リンク(外部サイト)

LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
「ケルベロス」アプリでスマホを遠隔操作!

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。