体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

犬から電話がかかってくる!?世界初の犬用スマートフォン「Moxie」がクラウドファンディングに

様々なスマートフォンが日々開発されているが、ついに犬用スマホというものが登場した。それがこの記事で紹介する「Moxie」である。

ブリーダーにとって、犬は人間同様の家族である。だからこそ、自分が留守にしている間の犬がどのような状態かを常に把握しておきたい。Moxieがあれば、愛犬の様子をいつでも確認することができる。

・愛犬から着信が

この製品のPR動画がなかなか面白いので、ここで説明させていただこう。Moxieの用途も十分に説明している内容である。

主人公はオフィスワーカー。彼のデスクには、愛犬ペニーの写真が飾ってある。PCのデスクトップ画面にもペニーがいる。いつでもどこでも犬のことを考えている、という男だ。

仕事のことで同僚に話しかけられた最中、主人公のスマホが鳴る。着信の相手は、何とペニーだ。「僕の犬から電話がかかってきた」。それを聞いて、同僚が唖然とする。

ペニーのハーネスには、Moxieが装着されている。HDカメラはペニーが見ている光景を映し出し、飼い主に伝える。この映像は、専用アプリで他のユーザーとシェアすることが可能だ。

ちなみに、ペニーは本当に自分で電話をかけてきたというわけではない。予めMoxieで発信する時刻やスパンを設定する、という仕組みのようだ。

接続はWi-FiとBluetoothに対応。バッテリーは1220mAh容量だが、これはカートリッジ型で簡単に交換できる設計だ。

・今年8月配送

現在、クラウドファンディング「Kickstarter」に貼られている画像はプロトタイプのようだが、出資者への配送は今年8月を予定している。すでに製品版量産の目処は立っている、ということか。

出資枠は124ドル(約1万3500円)から。なお、この枠にはMoxie本体のほか、ハーネスとオリジナルTシャツもついている。日本への配送にも対応するという。

Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。