体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

食べやすくてこぼれにくい! 汚れが一気に減った赤ちゃん用の焼きおにぎり

f:id:akasuguope01:20180308160130j:plain

私には現在2歳4ヶ月になる息子がいます。息子は離乳食を始めた頃から、食事を嫌がることなくたくさん食べるタイプ。1歳の誕生日を迎える前には、既に大人と同じようなご飯を食べていました。

そんな息子は、ご飯の中でも肉・魚、野菜より白米という感じで、白米が大好き。

例えばランチ皿に白米・唐揚げ・サラダと3つに分けて盛ると、おそらく多くのお子様が唐揚げを最初に食べると思いますが、我が家の次男は最初に白米を完食してから次は野菜、そして唐揚げを食べるか、一口だけ食べて残します。 関連記事:極度の偏食!白米と海苔しか食べない息子にポジティブ母は… by たら実

1歳上のお兄ちゃんの姿を見ているせいか、なんでも一人でやりたがり、ご飯を食べる時も手伝おうとすると首を横に振って「イヤイヤ」します。なので私は見守りだけして、息子の好きな様に食べさせていました。

そんな感じだったので、白米だけでなくおかずも食べて欲しいと日頃から思っていた私。さらに、白米を次男が一人で食べるとなると、もちろんそこら中に米粒が飛び散ります。床が汚れないようにと椅子の下にレジャーシートや新聞を敷いても、面白がってぐちゃぐちゃにしてしまい、食事に集中せず逆効果でした。

この頃は私も仕事に復帰していたので、朝から食べこぼしが多いと、片付ける時間もないのに…とついイライラ。なんとか次男の食事バランスがよくなり、かつ片付けに手間がかからない方法はないかと考えていました。 関連記事:食事のたびに汚しっぷりがひどい!赤ちゃんの食べ散らかしは一口おにぎりで解決!

そんなある日、焼きおにぎりを作ってあげると、普通のおにぎりの時よりぼろぼろこぼれなく、息子の手にも米粒が付かないことがわかったのです。

その時は、ご飯にめんつゆ・白ごま・ごま油を最初に混ぜ込み、フライパンで表面を焼いたものでした。そこで、そのレシピをアレンジし、忙しい朝に頻繁に作るようになりました。

中に鮭を入れたり、おかかを入れたり、少し味が変わるように粉チーズを一緒に混ぜ込んだり、味噌焼きおにぎりにもしました。

なかでも息子が1番お気に入りだったのは、薄めにめんつゆで味付けしたご飯に、ツナマヨ・とろけるチーズ・大葉を挟んだ焼きおにぎりでした。具もたくさん入っているのでおかずいらずです。

作り慣れてからは、フライパンではなくトースターの方がひっくり返す手間もなく、焼き終わるまで放置しとけば他の準備もできるので、トースターで作るようになりました。

2歳過ぎた現在も変わらず白米大好きな次男。我が家の朝食には焼きおにぎりの出番が今でも多いです。

f:id:akasuguope01:20180308151005j:plain

著者:二児Mama

年齢:24歳

子どもの年齢:3歳、2歳

私、旦那、息子2人の4人家族。育児休暇後職場復帰し、共働きの為、息子たちは保育園へ通園中。育児・家事・仕事に奮闘する毎日です。年子のやんちゃな息子達の子育ての大変さや楽しさ、核家族、共働きならではの家族の協力さなど一緒に共感できれば嬉しいです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

「毎食ではなく1日、1週間単位で考える」これがズボラな私の離乳食をうまく進めるコツ
子どもがおにぎりを頬張る姿ってなんでこんなにかわいいの!?
時間をかけて作っても2~3口しか食べてくれない離乳食。なぜ?!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。