体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東洋占星術をもとにした毎週の占い。5/7-5/13の運勢をチェック!

kyozan

毎日をより楽しくハッピーなものにするために、キラが東洋占星術をもとにアドバイスします。
fortune reading KIRA(http://twitter.com/kineko8
photo Kyozan Ueda
あなたの星の出し方

まず、生まれた年の西暦の各数字を、1から10のいずれかになるまで足してください。
次に、11からその数字を引いて出た数があなたの星のナンバーです。
例1976年生まれの場合
1+9+7+6=23
2+3=5
11-5=6
1976年生まれの人のナンバーは6になります。
ただし、1月1日から2月の節分までに生まれた人は前の年の星になります。例えば1976年1月18日生まれの人は1975年生まれとして計算してください。

5/7-5/13の運勢

1・水の星の人
5月の全体運
幸運月です。アクティブに動くことで、ハッピーを引き寄せることができそうです。人と人との「つながり」や「交流」といったことが極めて重要な意味を持つことになりそうです。
幸運を招く方角 西
ご利益フード  ボンゴレパスタ

今週の運勢(5/7~5/13)
「縁」がクローズアップされる5月。対人関係も活気づくことになりそうです。様々な考えや趣味、バックグラウンドを持つ人との新しい出会いも期待できそうです。また、そういった人との関わり合いの中から、更なる縁が拡がっていったり、気付きや学びなど、得るモノがありそうな予感。今まで深く接したことのないような人とも臆せずに、あなたの方から積極的にコミュニケーションを取っていくことが大切です。
12日はラッキーデー。プライベートが充実しそう。恋愛運も吉。カップルは遠出をするのがオススメ。新鮮な気持ちになれそうです。シングルの人は素敵な人と知り合えるかも。また、長く付き合えるような友人に巡り合える可能性も高くなっています。

2・大地の星の人
5月の全体運
運気は強いものの、ついつい、うっかりなんてことも起こり得る月。自分自身の感情を上手にコントロールしていくことが重要になりそうです。
幸運を招く方角 動かぬが吉
ご利益フード  味噌煮込みうどん

今週の運勢(5/7~5/13)
心の余裕が、運気の安定につながるタイミングです。特に、人間関係において、衝突や揉め事は可能な限り避けるようにするのが良さそう。意地を張ったり、自己主張が強くなり過ぎてしまうと、せっかくの良い運も逃げっていってしまうかもしれません。今は、相手に花を持たせるくらいの方が、上手くいきそうです。
8日はラッキーデー。運気に勢いがあります。自信を持って、発言・行動するのが良さそう。やってみたかったことを実行に移すのもオススメです。13日の交際運は好調の様子。家族やパートナー、友人と、テーマパークに行ったり、ショッピングをするのもオススメ。また、BBQなどのアウトドアも楽しめそうです。シングルの人は素敵な出会いがありそうな予感。

3・雷の星の人
5月の全体運
あちらこちらから声が掛かって、引っ張りだこになりそうです。仕事はもちろん、プライベートも席を温める時間もないくらい、忙しい月になりそうです。
幸運を招く方角 東 西
ご利益フード  天ぷらうどん

今週の運勢(5/7~5/13)
勘違いや思い込みが起こりやすいタイミングです。そして、そこの判断を誤ると、思わぬ事態を招くこともありそうな予感。今は、普段以上に、自分の発する言葉の重みを意識するようにしましょう。「石橋を叩いて渡る」くらいの慎重さを持っても良いかもしれません。行動に移すときは、前後左右をしっかり確認するようにしましょう。自分の考えよりも、世間の常識やルールに従うことが大事です。
7日は身の回りを整えると吉。古くなったもの、いらないものは思いきって処分してしまいましょう。9日はラッキーデー。集中力が増しています。やる気次第で、大きな成果を得ることが出来そう。まずは、やってみることが大切です。

4・風の星の人
5月の全体運
娯楽に関することに縁のある月です。やらなければいけないことよりも、ついつい目先の楽しいことに比重を置きたくなりそうです。ライフワークバランス、オン・オフのメリハリは付けるようにしましょう。
幸運を招く方角 動かぬが吉
ご利益フード  チキンフォー

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。