体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

すでに有人テスト飛行も実現!未来の【空飛ぶタクシー】の今

既に有人テスト飛行も実現!未来の【空飛ぶタクシー】の今
筆者も少年のころ、未来の光景を描くように小学校の先生に言われて、空飛ぶ車をクレヨンで描いた覚えがあります。未来を舞台にしたSF映画でも空を飛ぶ車が繰り返し出てきますが、フィクションの話ではなく、現実にはもう世界の何社かが有人のテスト飛行をするまでに完成が近づいているみたいですね。

 

有人のテスト飛行を実現した空飛ぶタクシー

既に有人テスト飛行も実現!未来の【空飛ぶタクシー】の今
(イラストはイメージです)

慢性的に渋滞の多い都市部を自家用車やタクシーで移動しているとき、ふと「空を飛んで移動できれば、あっという間なのに・・・」と感じてしまいませんか? 「そんなの無理」と思うかもしれませんが、実際にその未来は近づいており、有人のテスト飛行まで実現している会社が存在するほどです。

例えばエアバス社のプロジェクト組織で、米シリコンバレーにあるA³(エイ・キューブド)の製作した自動操縦の空飛ぶ乗り物Vahanaは、有人飛行テストに2018年1月31日の時点で成功しています。

xhttps://www.youtube.com/watch?v=gJrKmMM7vW0&t=11s

動画をYouTubeに公開している通り、垂直に浮かび上がり、高さ5mほど(2階建ての家くらいの高さ)を53秒間飛行して、見事に着陸を果たしています。機体のサイズは幅が6.2m、長さが5.7mで、高さが2.8mですから、トヨタのハイエース(スーパーロング・ワイド)に両翼を付けたくらいのサイズ感ですね。

既に有人テスト飛行も実現!未来の【空飛ぶタクシー】の今
(イラストはイメージです)

他にも中国のドローン企業が製作するEHANG184という空飛ぶ乗り物も、有人のテスト飛行を成功させています。こちらもテスト飛行の様子が公式にYouTubeにアップロードされていますが、撮影に協力した参加者の1人は「Seriously! You should try this.(まじで、あなたもこれに試乗するべき!)」と興奮した様子で感想を語っています。

xhttps://www.youtube.com/watch?v=Mr1V-r2YxME&t=303s

こうした乗り物がタクシーとして利用されれば、まさに空飛ぶタクシーの完成ですね。
 

将来的に空飛ぶタクシー業界に参入を表明している企業も少なくない

既に有人テスト飛行も実現!未来の【空飛ぶタクシー】の今
(写真はイメージです)

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。