体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

竹野内 豊に学ぶ(?)「押入れCAR」ならではの快感

▲「広くて天井が高い部屋だと逆に落ち着かない」という人、けっこう多いかもしれません。そんな人は、もしかしたらあえて室内空間が狭い車を選んだ方がシアワセになれるのかも?

▲「広くて天井が高い部屋だと逆に落ち着かない」という人、けっこう多いかもしれません。そんな人は、もしかしたらあえて室内空間が狭い車を選んだ方がシアワセになれるのかも?

実は「押入れっぽい車」の方が落ち着く人もいる

天井の高さがウリである大和ハウスの注文住宅シリーズ「xevoΣ(ジーヴォシグマ)」のテレビCMを、ご記憶の人は多いかと思います。

「天井が高い家にしてホント良かったわね」と微笑む妻、そして室内でボール遊びをする愛娘たちを見ながら、実は押入れの中や机の下、カプセルホテルなどの、天井が低くて狭い場所にいることが大好きな夫(竹野内 豊)が、なんとも言えない表情で「そうだな……」と答えるアレです。

そして、あのCMを覚えている人のなかには、「そうそう! 自分も広いとこより狭いところの方がめっちゃ落ち着くんだよ!」と共感した人も割と多いのではないかと思います。

かく言う筆者もその一人。出張などの際にクライアントが気を利かせてゴージャス系ホテルのダブルの部屋なんかを取ってくれた日には、もう落ち着かなくて落ち着かなくて。せっかくの広い部屋なのに、部屋の隅にある椅子&テーブルから終日動きません。

子供の頃、家の中で好きだった場所は「押入れ」で、大人となった現在は「トイレ」が好きです。

▲写真は大和ハウスのジーヴォシグマではありませんが、もしもこんなに広くて天井が高い部屋にいたら、筆者の場合はもうどこで何をすればいいのかまったくわからなくなります!

▲写真は大和ハウスのジーヴォシグマではありませんが、もしもこんなに広くて天井が高い部屋にいたら、筆者の場合はもうどこで何をすればいいのかまったくわからなくなります!

で、この現象というのは「車」に関しても当てはまるのかもしれません。

現代社会の多くの人は、狭苦しい車よりは「天井が高くて車内も広いSUVやミニバン」を好みます。しかしなかには「子供の頃、空想上の秘密基地にしていた押入れみたいなサイズ感の、囲まれ感が強い車の方が断然好き!」という人だっていることでしょう。

まぁ、そういった人は少数派だとは思いますが、そんな少数派であるあなたのため、「囲まれ系名車」をいくつかピックアップしてみました。例のCMの竹野内 豊さんになったつもりで読んでみてください!

最強の「押入れCAR」はやはりスマートか?

まず注目したいのは、なんといってもスマート フォーツークーペ(3代目)でしょう。

▲コレが3代目(現行型)のスマート フォーツークーペ。とにかくちっちゃいです。当然、乗車定員は2名

▲コレが3代目(現行型)のスマート フォーツークーペ。とにかくちっちゃいです。当然、乗車定員は2名

▲その車内はこんな感じ。メーカーの広報画像なので「なるべく広く見える感じ」に撮影されてますが、実際はちょうどいい囲まれ感があります。かといって狭くて不便なわけでもないという絶妙な塩梅です

▲その車内はこんな感じ。メーカーの広報画像なので「なるべく広く見える感じ」に撮影されてますが、実際はちょうどいい囲まれ感があります。かといって狭くて不便なわけでもないという絶妙な塩梅です

スマートというのは、時計でおなじみのスウォッチ社がダイムラー(メルセデス・ベンツ)をパートナーに「2人乗りの超マイクロカーを作ろう!」ということで始めたプロジェクト。

1 2 3次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。