体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夜の本気ダンス、フレデリック、Bentham、CHAIが出演! 観客が踊りつくした「J-WAVE “THE KINGS PLACE” LIVE Vol.16」ライブレポート

夜の本気ダンス、フレデリック、Bentham、CHAIが出演! 観客が踊りつくした「J-WAVE “THE KINGS PLACE” LIVE Vol.16」ライブレポート
J-WAVEで放送中の深夜のロック・プログラム『THE KINGS PLACE LIVE』によるライブ・イベント第16弾「J-WAVE “THE KINGS PLACE” LIVE Vol.16」が、4月27日に新木場STUDIO COASTにて開催されました。

この日ステージに立ったのは、番組ナビゲーターを務めるCHAI、フレデリック、Bentham、そして3月末に番組最終回を迎えた夜の本気ダンス(出演順)の4組。1年半にわたり、『THE KINGS PLACE』月曜ナビゲーターを務めた夜の本気ダンスを送るにふさわしい圧巻のステージが披露されました。

■CHAI

20180502_CHAI_4.jpg
トップバッターを務めたのは、夜の本気ダンスから月曜ナビゲーターを引き継いだガールズバンドのCHAI。双子のマナ(Vo/Key)、カナ(Vo/Gt)、ユウキ(Ba/Cho)、ユナ(Dr/Cho)の4名が、トレードマークであるピンクのステージ衣装を身にまとって登場すると『Sound & Stomach』でステージがスタート。続く「ボーイズ・セコ・メン」では、マナ・カナ、そしてユウキの3名が、ゆったりとしたサウンドに合わせて息のあったムーヴを披露。曲後半からの盛り上がりでは、観客も自然と身体が動いてしまうよう。リズムに合わせて思い思いの動きをしながら、CHAIの生み出す世界観に浸っていきます。

20180502_CHAI_2.jpg
CHAIは「今夜は夜ダンにこの曲を捧げる!」と、ステージ中盤で彼らのアップテンポな楽曲『WHERE?』をカバー! サビ部分の歌詞を「夜ダン歌ってみたら、思ってたよりテンポが早い/『キンプレ』レギュラー、お疲れTHANK YOU ありがとう/あとはCHAIに任せて〜〜」と笑いを取りつつ、夜ダンの後任としての意気込みを歌います。そして、コンプレックスは個性であり、かわいいものだというコンセプト「NEOかわいい」を謳う楽曲『N.E.O.』のエナジェティックなステージに、観客は両手を上げて応えます。CHAI最後の楽曲は『sayonara complex』。メロウなサウンドから生まれる爽やかな余韻で会場を包み込みながら、ステージを締めくくります。楽曲の間に挟まれる、ユナのコミカルな物販宣伝に加え、ユウキがマナの英語を即座に訳す『N.E.O』の楽曲紹介など、個性溢れるMCにも注目のステージとなりました。

■CHAIセットリスト
01. Sound & Stomach
02. ボーイズ・セコ・メン
03. 自己紹介/WHERE?(夜の本気ダンスカバー)
04. N.E.O.
05. ぎゃらんぶー
06. sayonara complex

20180502_CHAI_1.jpg

■Bentham

それぞれの楽器を鳴らす爆音でスタートしたBentham。ボーカル・小関竜矢が楽曲タイトルに絡めて「TONIGHT楽しんでこうぜ!」と呼びかけると、観客はステージへと押し寄せました。

20180502_Ben_3.jpg
『TONIGHT』では、ギター・須田原生、ベース・辻怜次が向き合って演奏するなど、序盤から熱いパフォーマンス。曲が終わると、「ここ新木場にも『激しい雨』は降るんだぜ!」と小関。ワッと沸き起こった声援は、さながら豪雨のような激しさ。須田が「キンプレライブ! Vol.16!」とコールアンドレスポンスし、会場の温度が高まっていきました。

1 2 3次のページ
J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。