体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

崩れた姿勢は百害あって一利なし!ヘルニアを防ぐ正しい姿勢のススメ

崩れた姿勢は百害あって一利なし!ヘルニアを防ぐ正しい姿勢のススメ

 デスクワーカーの持病ともいえる腰痛ですが、腰痛は椎間板ヘルニアの症状の一つの事もあります。そしてその原因は悪い姿勢。姿勢の悪さが癖になってしまい、椎間板ヘルニアを発症してしまった人の投稿がSNSで大きな反響となっています。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 この投稿、ツイッターユーザーのもなよさんの実体験。「絵は不真面目だが話は真面目だから聞いてほしい。この絵みたいに、椅子に座る時背中の上の方(もしくは首)は椅子についてるけど、腰周りは前にずれてて謎の間が出来てしまう座り方が癖の方はいませんか?私がそうだったんですけど、マジでヘルニアになるんで今すぐ癖を直してください。地獄ですよ。」と呼び掛けています。

 さらに酷い時は机に足を投げ出して座ったりとか……。「このツイートの絵はわかりやすくするために、一番多いパターンの座り方の絵を描きましたが、私の座り方はこれです!!上の絵の1000倍ヤバいです!!!!!!!!」とこちらもイラストつきで紹介されていますが……あー、車の助手席の人とかでこういう姿勢の人よく見る。ダッシュボードに足を投げ出している人もそうですね。

 このツイートが投稿されると「まさに同じような姿勢していた」「子供の頃の姿勢のせいでヘルニアになりました」「いつもこれやってるから腰が弱いのか」と、心当たりがある人が次々と現れ、「子供の頃に教えてくれていれば」という人も。それにしても皆さん姿勢悪すぎです……リプライでは共感の他に「これで手術しました」という人もちらほら。

 デスクワーク以外にも、車の運転中に腰が痛いという人も。腰痛を我慢しながらの長時間運転は足のしびれにもつながってきます。では、どのような座り方が良いのか。椎間板ヘルニアの発症、症状から解説します。

■そもそも椎間板ヘルニアってどんな状態?

 腰痛や足のしびれの原因となる、椎間板ヘルニア。私たちの背骨は7個の頸椎、12個の胸椎、5個の腰椎で成り立っています。この1個1個の椎体と呼ばれる骨の間に椎間板というクッションみたいな軟骨組織があります。

 この椎間板、背筋がまっすぐ伸びている状態であれば椎体も斜めにならずに済むので変に負荷がかかる事も少ないのですが、姿勢を崩すと斜めになった椎体を椎間板が変形して支える事となります。こうなると狭くなった椎体の間から椎間板が飛び出した状態となり、飛び出した部分が神経を圧迫。神経が圧迫されると傷みやしびれという状態を引き起こします。

 一時的な姿勢の悪さでは椎間板は弾力があるのでもとの形に戻りますが、崩れた姿勢のままで過ごす時間が長くなると、椎間板は変形したまま戻らなくなり、神経を圧迫し続けてしまいます。これが椎間板ヘルニアといわれる状態です。

 ツイートを投稿したもなよさんは、中学生くらいからひどく姿勢を崩した状態が癖になってしまっていたとの事。腰痛から臀部や太もものしびれが出て、一時期は歩行もかなり困難だった様子。手術するまではいかなかったものの、腰部の注射(神経根ブロック)とリハビリを続ける事で現在は軽快しているそうです。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。