体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

工場見学でしか食べられない絶品スイーツとは?

工場見学でしか食べられない絶品スイーツとは?

食品メーカーの工場見学の魅力の1つは“ここでしか食べられない”ものが味わえることです。出来立てのチョコパイやミートボール、商品加工途中のラスクなど、普通はお金を払ってでも食べられないような、プレミアムな試食が可能なのです。工場見学でいつも食べている商品と違う味を堪能してみましょう。

工場見学で出来立てのチョコパイ

いつもスーパーで買っている商品とはひと味違う、出来立ての連結シャウエッセンが食べられるのは、茨城県にある日本ハム茨城工場。まるでジブリの世界から飛び出したような姿に、食欲をそそられること間違いありません。

その他、ハムやチーズの試食も盛りだくさん。見学後は、工場の隣にある「下館工房」で工場限定のお土産を買って帰ることも可能。工場見学の予約は前々日17時までに電話で申し込みます。

小さい頃、ちょっとぜいたくなおやつだったチョコパイ。大人になった今では好きなだけ食べられるようになりました。しかし、埼玉県のロッテ狭山工場では見学の最後に、出来立てほやほやのチョコパイが振る舞われるのです。

いつもと違う、サクサクした食感となめらかな舌触りのチョコに感動! その他、時期によってお土産もあるそうなのでお楽しみに。工場見学の予約方法は電話後、往復ハガキを送付します。

工場見学でしか口にできないラスク

贈り物としても定着している、ガトーフェスタ ハラダのラスク。1日120万~130万枚生産しているとあって、目にすることも多いでしょう。しかし、群馬県にある工場見学でしか口にできない絶品スイーツが「グーテ・デ・ロワブリュレ」です。

この絶品スイーツは、ラスクになる前のバケットを甘く味付けして焼き上げたもの。ジューシーでしっとりとした食感に思わず舌鼓! 10名以上で参加する場合は電話予約が必要です。

無添加調理がウリの石井食品が展開している約90分の工場見学。千葉県にある八千代工場のツアーでは、原材料である鶏肉・玉ねぎ・パン粉・生姜などを実際に見て、触って、食べながら進みます。

そして最後には、まさに見学中に出来上がった、パウチされる前のほかほかミートボールを試食できるのです。直売店でも、限定商品を扱っているのでお土産に購入可能。工場見学は3日前までに電話で予約します。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
自販機の裏ワザ「デバッグ法」は存在するのか?

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。