体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Action Launcher v35.1でAndroid Pスタイルのドックバーやアプリドロワー、フォルダーデザインが移植

Android 用のホームアプリで人気の高い「Action Launcher」のv35.1 がリリースされました。
新バージョンでは、Android P の取り込みを更に進め、ホーム画面のドックバー背景を従来の完全な透明から Android P 仕様に変わりました。
薄っすらと色が付いたデザインです。
また、フォルダーデザインのラインアップにも Android P のラウンドスタイルが加わり、アプリドロワーでは、検索バーが新しいデザインに変わった他、フォルダーの作成もサポートしました。
さらに、最近のバージョンアップで追加された新機能「Adaptive Zoom」がアプリデベロッパー向けに拡張され、どのような形でアプリが起動するのかを定義できるようになりました。
この Adaptive Zoom とは、アプリを起動するためにアイコンをタップすると、アイコンが独自のアニメーションでズームするというもので、ビジュアルが変わります。
Action Launcher」(Google Play)

■関連記事
BlackBerry KEYoneの後継モデル「BBF100」のデザインやスペックが判明
HTC、5月23日に製品発表を予定
Androidの「銃」絵文字が水鉄砲に変わる

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。