体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BlackBerry KEYoneの後継モデル「BBF100」のデザインやスペックが判明

BlackBerry ブランドの Android スマートフォンの中でも QWERTY キーボードを搭載した第二弾モデルと見られる「BBF100-4」が中国の工信部で認証を取得し、そのデザインやスペックが明らかになりました。
BBF100-4 のデザインは BlackBerry KEYone によく似ていますが、本体は KEYone よりもスリムで、ディスプレイサイズは 4.5 インチ、その下には 4 行の QWERTY キーボードを搭載しているので、ディスプレイやキーボードの仕様は KEYone と同じです。
製造メーカーも TCL のままです。
端末の横幅は 71.8mm と 5.2 インチスマートフォン並みにスリムで、質量も 168g と軽くなっています。
ディスプレイの解像度は 1,080 × 1,620 ピクセルのままです。
OS は最新の Android 8.1 Oreo で、RAM は 6GB と増えています。
プロセッサは 2.2GHz 駆動のオクタコアなので、Snapdragon 660 と予想されます。
バッテリー容量は 3,360mAh なのでわずかに減っています。
Source : TENAA

■関連記事
HTC、5月23日に製品発表を予定
Androidの「銃」絵文字が水鉄砲に変わる
LG、画面輝度1,000nitsのAIスマホ「LG G7 ThinQ」を正式発表

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。