体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あった。男子禁制の島がフィンランドに

あった。男子禁制の島がフィンランドに

詳しい場所は明らかにされていないが、その島はバルト海にある。ヘルシンキ空港から約2時間ほど移動したところ……らしい。

SuperShe Island」と呼ばれる島には、女性の上陸しか許されていない。だが、男子禁制の理由を聞いたら、納得できるものがあった。

無駄な欲望をなくし
自分にフォーカスする島

あった。男子禁制の島がフィンランドにあった。男子禁制の島がフィンランドに

写真に写るKristina Rothさんが、この島のオーナーだ。

「Forbes」が選出する「The Fastest Growing Women-Owned Businesses」に名を連ねたコンサルティングファームのCEO、女性企業家としても有名である。

彼女は一般的には成功していると考えられていた「Matisia」を売り払い、女性向けの情報サイト「SuperShe」を次なるビジネスとして始めることに。そのコミュニティーをさらに拡大させる施策の一つが、男子禁制のプライベートアイランドの創設だった。

でも、なんで?

極上のリラックスを提供

あった。男子禁制の島がフィンランドに

リラックスを追求した4つの改装したキャビンに泊まれ、訪れた女性は男性社会のプレッシャーから解放される。他にも、ヨガや瞑想、フィットネスなどの自分を見つめ直すきっかけをくれるアクティビティの体験ができる。

Rothさんはこう言う。

「女性は他の女性と過ごす時間が必要なの。だって、男性との旅は余計な気を使うこともあるし、疲れることもあるじゃない」

異性のいない環境を作りだし、なるべく自分の想いに素直になってもらうのが狙いらしい。女性の気持ちは分からないが、異性の存在で違うところに意識がいってしまう、というのは確かに納得できる。

彼女はこう続ける。

「私は『SuperShe Island』を女性が元気を取り戻せるような場所にしたい。なんの邪魔もされずに自分自身と会話ができるような」

島に女性しか上陸を許されないのには理由があった。Rothさんが生みだしたいのは自分の未来を切り拓くための現代的なサロンなのかもしれない。

実際に宿泊するには高額の旅費が必要になりそうだが……。Licensed material used with permission by SuperShe

関連記事リンク(外部サイト)

世界の朝ごはんを食べよう。12〜1月は「フィンランド」!
Via lactia。「天の川」の魅力にとり憑かれた男
世界で最もコーヒーを消費する国「フィンランド」は、意外と日本と似ていた。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。