体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

外見に自信のない私が服装で気を付けた3つのポイント by U-ユウ-

外見に自信のない私が服装で気を付けた3つのポイント by U-ユウ-

こんにちは!様々な婚活サービスを活用して結婚し、婚活コミックエッセイを描いているU-ユウ-です。

以前、「太っていて外見に自信のない私がなぜ婚活で結婚できたのか。私の考える3つのポイント」を書かせていただきましたが

外見に自信がないからこそ、それ以上悪く見られないように

私が婚活の服装で気を付けた3つのポイントについて書かせていただきます。

f:id:zexyenmusubi_honnest:20180502160150j:plain

Point1. 清潔感

f:id:zexyenmusubi_honnest:20180502160422j:plain

清潔感がないと自分の印象が悪くなるだけでなく、相手が不快だと思う可能性もあります。

そこで、服・靴・鞄など身に着けるものだけでなく、髪や爪など細かい部分も気を付けるようにしていました。

私は結婚相談所のお見合いがある日に、美容院のトリートメントを予約して行っていました。

髪の毛がサラサラになり、プロにブローしてもらうと自分がセットするよりかなり整って清潔感が出ました。

また、歯医者にも見た目を綺麗にするために定期的に通い、

自分だけでは行き届かない部分はプロにお願いするというのも一つの手段だと考えていました。

Point2. 主張しすぎない

f:id:zexyenmusubi_honnest:20180502160923j:plain

派手な色や主張しすぎる柄の服やアクセサリーなどは着ないようにしたり、

ネイルも伸ばしすぎず、透明やヌーディーな色にしました。

昔、学校の先生が「面接になぜ皆、同じようなスーツを着ていくのか?」という話をしてくれたときのことです。

「社会性や周りと合わせられるなどの理由もあるけれど、

服装で悪い印象を与えず、中身を見てもらうためでもある

と聞いて、なるほどなと思いました。

今になって考えると、これは婚活でも当てはまることだと思います。

ファッションで主張しすぎると、相手の好みで判断されてしまう場合があります

とくに第一印象はとても大事です。

自分の好みは仲良くなりながら徐々に出していくことで相手に受け入れてもらいやすくなりますので、最初の頃は万人受けを意識したファッションを選ぶようにしました

Point3. 気温の変化に対応できるように

f:id:zexyenmusubi_honnest:20180502161005j:plain
1 2次のページ
ホンネストの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。