体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

奇跡の美景!神秘の水鏡も…絵になる“非日常”超絶景スポット7選【中国・四国】

父母ヶ浜海水浴場

外へのお出かけが気持ちいい季節になってきましたね!週末はあわただしい日常から抜け出して、特別な景色を見にお出かけしませんか?そこでしか味わえないリトリート感あふれる絶景や、まるでウユニ塩湖さながらの絶景におもわず自分の目を疑ってしまうはず!またすべてのスポットに混雑回避方法を載せているので効率的に回るのはもちろん、絶景の景色を写真にとるのも◎。ぜひ日帰りで特別な一日を満喫してみるのはいかが。

記事配信:じゃらんニュース

1. 藤公園【岡山県和気町】

藤のシャワーが降り注ぐ約500mの幻想ロード。

藤公園多くの写真家が訪れる名所。4/29は太鼓演奏などイベントも開催

イベント情報

藤まつり

4月下旬~5月上旬

紫やピンク、白など約100種150本もの藤が彩る藤棚は圧巻の光景!夜には2色のライトで浮かび上がり、妖艶な表情に様変わり。半券があれば当日再入園できるのでぜひ再び。

混雑回避POINT

藤公園では昼前後のピーク時に駐車場の出入りで1時間かかることも。朝イチか夕方にズラそう。 藤公園

TEL/0869-93-1126(和気町役場産業振興課)

住所/和気郡和気町藤野1386-2

営業時間/藤まつり8時~21時

狙い目時間:8時~10時、14時以降

定休日/なし

料金/藤まつり入場料大人300円、中小学生150円

アクセス/電車:JR和気駅よりタクシーで5分

車:山陽道和気ICより15分

駐車場/634台

2. 未来心の丘(耕三寺博物館内)【広島県尾道市】

彫刻に十二天パワーが宿る天空のホワイトガーデン。

未来心の丘(耕三寺博物館内)太陽を神格化した日天(にってん)が放つ光に、合掌するよう造られた「光明の塔」孝養門「日光東照宮(にっこうとうしょうぐう)」の陽明門(ようめいもん)を模した、豪華絢爛な孝養門(こうようもん)

環境彫刻家・杭谷一東(くえたにいっとう)が手がけた大理石アートは、仏教を守護する十二天がモチーフ。日本が誇る古建築をモデルとした堂塔などが立ち並ぶ耕三寺境内では、GWにかけてツツジも見頃。

混雑回避POINT

16時以降はしまなみ海道が混み合うので、朝早めに出発して遅くとも15時30分には帰路へ 未来心の丘(耕三寺博物館内)

TEL/0845-27-0800(耕三寺博物館)

住所/尾道市瀬戸田町瀬戸田553-2

営業時間/9時~17時(「潮聲閣」10時~16時)

狙い目時間:9時~11時ごろ

定休日/なし

料金/入館料 大人1400円、大学生1000円、高校生800円、中学生以下無料(「潮聲閣」入館料200円別途)

アクセス/西瀬戸道生口島北ICより10分

駐車場/車40台、自転車20台(いずれも無料)

「未来心の丘(耕三寺博物館内)」の詳細はこちら

3. 島ごと美術館【広島県尾道市】

潮風に誘われるがまま海が似合う現代アート巡り。

サンセットビーチの作品「空へ」高さ約10m。サンセットビーチの作品「空へ」「波の翼」瀬戸内海に浮かぶ岩から、今にも羽ばたきそうな「波の翼」
1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。