体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カレーときどき村田倫子 #23 バンゲラズキッチン

銀座、、、。大人の街。
「カレーを食べる」という意思を提げこの地に降り立つという意味では、初めての銀座です。実は、銀座は有名なカレー屋さんが色々と名を連ねるカレー界隈ではホットな場所なんです。つまりカレー激選区。
私も気になる店がたくさんあるのですが、中々足を運べず…。

そんな私の記念すべきカレー銀座デビューは、今年オープンしたばかりなのにも関わらず、すでにカレー通の方々から絶賛の声が集まる「バンゲラズキッチン」。碁盤上の地形が苦手で、銀座に来るとすぐに迷子になってしまう私ですが、地上に出ると、もう目の前にそびえ立つ銀座インズ2の中に入っている。
方向音痴さんにも嬉しい最高の立地。初心者にとってはとても助かります!

色々と個性が光る飲食店が軒を連ねるフロア。そんなラインナップに引けを劣らずスパイス香る素敵な門構えの「バンゲラズキッチン」。

店内に入ると赤と青であしらったフォトジェニックな壁紙に、大人なバーカウンター、グリーンが彩る洒落た照明。お店の内装のメインとなる壁紙はマンガロール、南インドのカルチャーや慣習を柄に落とし込んだもので、寺院やコックファイティングやタイガーダンスなど、現地の文化を感じられるようになっています。もうこの地点で、今まで私の中にあった「インドカレー店」のテンプレートをぐるっと覆してくる空間。未知の感触にすでに胸の高鳴りが抑えきれない(お腹もぐうの音をあげてる、、、、)

ここバンゲラズキッチンは、日本初の南インドのマンガロール料理専門店。
マンガロールは、インド悠久の歴史と文化が交差する、あらゆるインド料理のエッセンスが凝縮したグルメの街です。

そんな魅惑のマンガロール料理を心ゆくまで堪能してほしいというオーナーのバンゲラさんの想いがこもったお店。現地の文化がそのままイラストになった壁画を背に、未だ見ぬ魅惑の地マンガロールに思いを馳せつつ、ホール担当のクマールさんにも色々ご相談に乗ってもらって、オーダーしたのはこだわりのフィッシュターリセット(2685円)とフィッシュビリヤニ(1600円)。

バナナリーフできちんとめかし込んだ銅食器の上に、魚を使ったカレーにフライ! 使う魚は日替わりとのこと。この日は、バサという魚のカレーをメインにカサゴのフライでした。豆とかぼちゃとタマリンドとスパイスで煮込んだサンバル、サールというマンガロールスタイルのスープカレー。
中央に広がる見知らぬ顔のお米。これは、ブラウンライスという、マンガロールやケララの家庭でよく食べられるライス。
なんと、ここでしか食べれないという噂、、、!

そして、カレーたちを引き立ててくれるパパド(米と豆の生地で作ったクリスピーな豆せんべい)と干しエビのふりかけ。ふりかけはココナッツベースなので、カレーと混ぜると甘味の奥行きが広がる面白い存在。

マンガロールは海の近くの地域なので、このように魚のメニューが多いそうです。日本も地域によって美味しい幸のものが異なるように、インド料理と一口にくくるには、やはりまだまだ知らないことが多すぎるなあ…と遠いスパイスの国を思いながら、まずはバサカレーを口に含む。

1 2次のページ
HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。