ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

SamsungがGalaxy S IIIを正式発表、欧州では5月29日に発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Samsungは、同社が5月3日に英国・ロンドンで開始した新商品発表会でGalaxy S IIの後継となる新型Androidスマートフォン「Galaxy S III」を発表しました。発表によると、Galaxy S IIIには3G HSPA+版と4G LTE版の2タイプがあり、HSPA+版は5月29日より欧州において発売されます。LTE版は米国や韓国において今夏に発売予定とのことです。本体カラーはブルー(Pebble Blue)とホワイト(Marble White)の2色。内蔵ストレージの容量は16/32/64GB。もちろんmicroSD/microSDHC(最大32GB)にも対応します。

Galaxy S IIIは昨年のGalaxy S IIの後継となる製品で、Android 4.0(ICS)、4.8インチ(解像度1,280×720p)のHD Super AMOLEDディスプレイ、Samsungの1.4GHzクアッドコアプロセッサ「Exynos 4 Quad」、背面に800万画素裏面照射型CMOS(LEDフラッシュ付き)、前面に190万画素CMOS、2,100mAhバッテリーを搭載。ワイヤレスHDMI機能やワイヤレス充電機能(充電カバー・パッドは別売)を備えるほか、近距離無線通信の国際標準規格 NFCにも対応します。本体フォルムはGalaxy S IIから大きく変わりましたが、ボタン構成は従来のままとなっています。本体サイズは136.6mm×70.6mm×8.6 mm、質量は133g。サイズ・質量はHTC One X並みですね。

ハードウェアだけではなく機能面での進化も見られます。Galaxy S IIIでは次のような様々な新機能が搭載されています。Burst Shot&Best Shot1度に最大20枚の写真を3.3枚/秒で撮影でき、鮮明さなどを基にベストな1枚を選定してくれる。Camera Quick Accessロック画面の状態で画面をタッチし、Galaxy S IIIを横に向けるとカメラが起動する。ゼロシャッターラグ待機時間なしですぐに写真を撮影できるようになる。Smart Stay顔と目を認識し、ユーザーが画面を見ている間は画面に手が触れてなくてもスリープ状態になることを防止する。Buddy Photo Share撮影した写真に電話帳に登録済みの友達が写っている場合、名前を表示し、ワンタッチでその友人に写真を送付できる。S-BeamAndroid 4.0の”Android Beam”を活用したGalaxy S III間でのコンテンツ共有機能で、NFCとWi-Fi Directを組み合わせて、ファイルを高速にすることができる。HD映画(1GB)なら3分で、音楽ファイル(10MB)なら2秒で転送可能。S-Voice音声操作機能です。電話、アラーム、カメラの起動&撮影などのスマートフォンの機能を話しかけるだけで動作させることができるほか、音楽の再生・停止、曲送り・曲戻し、音量調節も行うことができる。8言語に対応。Direct Callモーションコントロール機能の一つで、SMSの画面でGaalxy S IIIを耳にあてると、送信元電話番号に電話発信する。Smart Alertこちらもモーションコントロール機能の一つ。Galaxy S IIIを手に取ると、不在通知や未読メッセージがあることを振動で伝える。Pop up PlaySMSやWEB閲覧中でも動画を小画面で表示する。AllShare Playスマートフォン、タブレット、パソコン間のコンテンツ共有機能。パソコン上の動画や音楽をスマートフォンでストリーミング再生できたりする。AllShare CastワイヤレスHDMI機能で、別売の「AllShare Castドングル」をHDMI対応テレビに接続すると、Galaxy S IIIの画面や保存したコンテンツをワイヤレスでテレビで表示できる。Wi-Fiチャネルボンディング無線LANの2チャンネルを束ねて使用することでWi-Fi速度を高速にする。Galaxy S IIIのスペック OS:Android 4.0(ICS) サイズ:136.6mm×70.6mm×8.6 mm、質量133g ディスプレイ:4.8インチ、解像度1,280×720ピクセル(HD)、”HD Super AMOLED”ディスプレイ プロセッサ:Exynos 4 Quad 1.4GHz(HSPA+版)、LTE版については未発表 RAM:未発表 内蔵ストレージ:16GB/32GB/64GB 外部メモリ:microSD/microSDHC(最大32GB)対応 リアカメラ:800万画素裏面照射型CMOS、AF、フラッシュ(LED)、 HDR撮影、1080p動画撮影 フロントカメラ:190万画素 対応周波数:GSM/EDGE(850/900/1800/1900MHz)、 WCDMA/HSPA+ 21Mbps(850/900/1900/2100MHz)※LTE版は特定の地域でのみ発売 ネットワーク:Wi-Fi a/b/g/n(デュアルバンド)、Wi-Fiチャネルボンディング、Bluetooth v4.0(LE)、NFC、DLNA(AllShare Play) 外部端子類:- センサー類:加速度、ジャイロ、気圧、近接、デジタルコンパス、GSP/GLONASS バッテリー:2,100mAh 対応ビデオフォーマット:MPEG4, H.264, H.263, DivX, DivX3.11, VC-1, VP8, WMV7/8, Sorenson Spark 対応オーディオフォーマット:MP3, AMR-NB/WB, AAC/AAC+/eAAC+, WMA, OGG, FLAC, AC-3, apt-XCast



(juggly.cn)記事関連リンク
カナダでHTC One Vが発売
米T-Mobile、Androidスマートフォン低価格モデル「T-Mobike Prism」を5月6日に発売
HTC Sensation XLのAndroid 4.0アップグレードが実施中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。