体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

原木しいたけは、つくばの森を救う

原木しいたけは、つくばの森を救う

茨城県 > つくば市

ひょっとすると、先日茨城県つくば市でお会いした「なかのきのこ園」の社長・飯泉さんは、つくばのC.W.ニコルなのかもしれない……そんなことを考えながら、先日狩りに行って持ち帰ったしいたけを食べていました。え? みんなC.W.ニコル知らない? あの森が大好きなおじさんだってばよ。

その話はおいおいすることにして、とりあえずこのしいたけ、すんごいですよ。まず歯ごたえがえらく気持ちがよい。さらには味が濃い。加えて苦手な人も多いしいたけ独特のエグ味もありません。

こんなの、初めて…。

原木しいたけは、つくばの森を救う

そして写真に撮ると妙にかわいい。

「うちのしいたけは全部、“原木栽培”で育てています」

原木栽培ってのは、糖などの栄養を入れて人工的に作ったブロックで育てる“菌床栽培”に比べると、めちゃくちゃ手間がかかってしまう栽培法。

20〜25年のコナラやクヌギを山から切り出してきて、そこに菌を移植するんですが、この原木1本あたりの値段も今すごく高騰しているんだとか。

しかも、農薬や化学肥料は一切使わず、原木の栄養と水だけで育てるんですって。原木しいたけは、つくばの森を救う

「菌床栽培だと、菌の移植から採れ頃になるまで早くて3〜5ヶ月ぐらい、一方の原木栽培は温度管理下で早くても1年、長いものだと2年くらいかかりますよ」

手間がかかる上に収穫スピードと量の問題もあって、周りはどんどん菌床栽培に代わりつつある中、原木栽培のものは1割くらいしかないんだとか。

でも、食べ比べるとわかるけど、味が全然違います。生産風景もいろいろと見せていただきましたが、この手間暇をかけて育てられたからこその味だな、という感じ。原木しいたけは、つくばの森を救う原木しいたけは、つくばの森を救う原木しいたけは、つくばの森を救う

それにしたって、どうしてつくばでしいたけ狩り? って思いませんでしたか。じゃあ、こちらをご覧くださいませ……。原木しいたけは、つくばの森を救う原木しいたけは、つくばの森を救う原木しいたけは、つくばの森を救う原木しいたけは、つくばの森を救う原木しいたけは、つくばの森を救う

か、かわいくないですか?
(ハァハァ…)

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。