体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

毎日を”なんとなく”過ごしている学生に読んで欲しい、TABIPPO学生スタッフで学んだこと。

はじめまして。旅する医大生で、お酒と辛いものは苦手なきみやです。

半年ほどTABIPPOの学生スタッフとして、全国9都市とタイで開催される日本最大級の旅イベント“BackpackFESTA”の企画運営を経験しました。

本記事を通して、TABIPPO学生スタッフを学生のみなさんにおすすめさせていただきます。読み終わったときにひとりでも多くの方が学生支部や、BackpackFESTAというイベントに興味を持っていただけたら嬉しいです。

 

居酒屋でTABIPPO代表の清水直哉と出会う


プロフィール:“きみや”1994年生まれ、小学生の時から硬式テニスにハマり全国大会にも出場。一年間の浪人生活を経て都内医学部医学科に入学。熱くなれるものを見つけられず、周りの医大生と違う経験を学生のうちにしたいと考え、学業の合間に旅に出る。

 

これから週6回の病棟実習が始まろうとしていたあるとき。東京の居酒屋でTABIPPO代表の清水直哉と出会い、学生支部に参加することを決意しました。

活動のキックオフから約三ヶ月遅れの2017年9月より世界一周コンテスト「DREAM」の運営メンバーや、また集客統括(イベント当日の会場の満席を目指すリーダー)を勤めました。

 

学生支部に参加したきっかけは?

参加した理由はズバリ、日本中に同世代の友達ができると聞いたからです。一つの活動をしていく中で、日本中に共通の趣味を持つ友達ができるってそんなことありますか!?

サッカーとか、テニスならなんとなくありそう。でも、「旅好きの友達」が全国に300人もできるなんて思ってもいませんでした。実際、僕はTABIPPO学生支部が活動する全国9都市に、いつ訪れても泊めてくれるような友達がたくさんできました。

 

活動内容について

具体的には 「世界一周コンテストDREAM」という学生限定のプレゼンコンテストの運営をしていました。最初はよくあるプレゼンコンテストと考えていましたが、僕の短い人生を振り返ってみてこんなに素晴らしい企画とよく出会えたなと思っています。

このコンテストは全国で1,800人もの学生からの応募があります。世界一周への熱い想いをプレゼンで語ってもらい、優勝者は世界一周に行けるという、タイトル通り夢のコンテストです。

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。