体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【追悼特集】EDMシーンを牽引したAviciiの生い立ちから成功までを振り返る

【追悼特集】EDMシーンを牽引したAviciiの生い立ちから成功までを振り返る
J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:藤田琢己)。4月30日(月)のオンエアでは、emmaとのコンビで急逝したAvicii(アヴィーチー)について語りました。

■Aviciiの生い立ち

注目の新譜・いま注目すべき名盤・話題の来日アーティストなど、週替わりで1組のアーティストを4日間かけて掘り下げていくコーナー「FEATURE TOPICS」。今週は4月20日(金)に28歳の若さで亡くなった、世界的DJ・音楽プロデューサーのAviciiを追悼特集します。

「もっと彼の作る音楽を聴きたかったです」と言うemma。まだ事実を受け止められないファンも多いことでしょう。

Aviciiことティム・バークリングは、1989年にスウェーデンの首都・ストックホルムで生まれました。幼い頃から兄と共に、さまざまな音楽と親しむうちに音楽家に憧れ、ピアノやギターを習います。

16歳の頃に音楽制作ソフトに出会い、PCでのダンスミュージックの制作に没頭します。当時、影響を受けていたのはDaft Punk、Swedish House Mafia、Eric Prydzなどのハウスミュージックのアーティストでした。

高校卒業後、スタジオへと改造した自身の寝室で曲を書き、リミックスを手がけるなど、本格的に音楽活動を始め、ネットに次々と楽曲を発表していきます。19歳でレーベルと契約し、Avicii名義で初めてリリースしたのは『Sound of Now』です。

これらの楽曲が、数多くのレーベル、プロモーター、エージェンシーから注目され、ついに世界No.1 DJであるTiëstoに招かれ、ダンスミュージックの聖地・イビサ島のイベントに参加します。

Aviciiの才能に目をつけたTiëstoやSebastian Ingrossoらとのプロジェクトで、さらに知名度を上げていき、彼は怒涛のペースで良質なトラックを次々とリリースしていきます。

■約30億5000万円を稼ぐDJに

そして2011年、22歳のときにEtta Jamesの『Something’s Got A Hold On Me』をサンプリングした『Levels』を発表します。この曲は世界各国の音楽チャートでトップ10に入る爆発的ヒットを記録。グラミー賞「最優秀ダンス・レコーティング賞」にノミネートされ、Aviciiの名を一躍世界中に知らしめました。

2012年にはマドンナの楽曲をリミックスし、Lenny Kravitzとの共作『Superlove』、Eric Turnerとの共作『Dancing In My Head』など、ヒット曲を連発。このとき、世界はEDMブーム真っ盛りということで、DJのギャラは軒並み高騰。Aviciiは、プライベートジェットで世界中を飛び回るスターDJとして、生活を送ることになります。

2013年6月、ソウルシンガーのAloe Blaccをフィーチャーした『Wake Me Up』を発表。カントリーミュージックとEDMのマッシュアップという、過去に前例のないこの楽曲は、配信直後からヨーロッパを中心に世界84カ国でiTunesチャート1位を獲得。

その勢いを受けて、リリースしたファーストアルバム『TRUE』は、74カ国のiTunesチャートで1位を獲得し、日本でも異例の20万枚の売り上げを突破するなど、世界的大ヒットを記録しました。

「ULTRA MUSIC FESTIVAL(UMF)」や「Tomorrowland」「コーチェラ・ヴァレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル」など、10数万人単位の動員を誇る大型フェスに、すべてヘッドライナー(主役)として出演。そして、世界的経済誌『Forbes』が発表する、その年に最も稼いだDJ番付の2014年版で第3位にランクイン。その稼ぎはなんと2800万ドル! 日本円にして約30億5000万円です。

25歳にして圧倒的な存在感を放ち、富と名声を手にしたAviciiは、ついに世界的バンド・Coldplayのシングル『A Sky Full Of Stars』をプロデュースします。

DJとしても音楽プロデューサーとしても才能を発揮し、25歳で世界の頂点に上り詰めたAvicii。もちろん、このあとも快進撃は続くのですが、1日目の紹介はここまで! 5月1日(火)にオンエアした特集2日目も、記事として掲載予定です。お楽しみに。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時−24時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。