体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

乃木坂46・齋藤飛鳥「飛行機で、チキンもビーフも嫌ならどうしたら…」英語で寸劇!

乃木坂46・齋藤飛鳥「飛行機で、チキンもビーフも嫌ならどうしたら…」英語で寸劇!
J-WAVEで放送中の番組『POP OF THE WORLD』(ナビゲーター:ハリー杉山)のワンコーナー「HARRY’S ENGLISH CLASS」。ハリー杉山が、乃木坂46・齋藤飛鳥に英語を教えるコーナーです。4月28日(土)のオンエアでは、齋藤が英語を交えた寸劇に挑戦しました。

■「飛行機に乗ったときに使える英会話」

今回は「飛行機に乗ったときに使える英会話」をテーマに寸劇がスタートしました。

齋藤が「機内が乾燥しているから飲みものがほしいな。キャビンアテンダントさんいるかな」と探していると、ハリーが「UZAエアライン」のキャビンアテンダントとして登場し「Do you need some help?」(なにかお困りですか?)と質問。齋藤が「I really want a drink.」(飲み物がほしいです)と答えると、「Coffee, tea, green tea, orange juice……. What would you like, my dear?」(コーヒー、紅茶、緑茶、オレンジジュース、何がほしいですか?)と、ハリー。

他にも、「I’m a bit cold. Could you rent me a blanket?」(少し寒いのでブランケットを貸してくれますか?)など、英語を交えながらハリーが独特な絡みをしつつ、ストーリーが進み、最後は齋藤に「No. Get out of here!」(出て行って!)と一喝されて寸劇は終幕しました。

■ブラックコーヒーがほしいときは?

寸劇内で使われた英語について、齋藤がハリーに以下の質問をしました。

齋藤:コーヒーを注文して、砂糖もミルクもいらないときは?
ハリー:ブラックコーヒーでいい場合は「Black is fine.」。「Would you like milk and sugar?」(ミルクと砂糖はいりますか?)もしくは「How do you want your coffee?」(どういうコーヒーを求めていますか?)と訊かれたら「Black is fine.」「Black is good.」「Black please.」などで伝わります。

紅茶の場合は、ストレートで飲むなら「As it is.」(そのままで)と表現します。「紅茶をストレートで飲む」という表現はあまり英語では使わないのでご注意ください。

■機内食に関する英会話

齋藤:「チキンとビーフどちらがいいですか?」と訊かれて、どっちも嫌なときはどうしたらいいですか?
ハリー:大前提として「どっち?」と訊かれているので、「I’m sorry」と絶対入れてほしいです。「I’m sorry, but do you have anything else?」(申し訳ないんですけど、他になにかありますか?)。それに対して、だいたい「Why?」と理由を訊かれるので、ベジタリアンやビーガン、もしくはアレルギーがあるということを説明してください。

海外旅行などで飛行機に乗ったときは、ハリーのアドバイスを思い出して紹介したフレーズをぜひ使ってみてください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『POP OF THE WORLD』
放送日時:土曜 6時−8時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/popworld/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。