体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Bentham、結婚観を赤裸々に明かす「俺、ちょっとまだ…」

Bentham、結婚観を赤裸々に明かす「俺、ちょっとまだ…」
J-WAVEで放送中の番組『THE KINGS PLACE』(木曜担当ナビゲーター:Bentham)。4月26日(木)のオンエアでは、いつものようにリスナーからの質問を紹介。メンバーの結婚願望の話題で盛り上がりました!

■Benthamの結婚願望は?

「まわりの友達が結婚ラッシュで焦っている」という25歳の女性リスナーから、こんな質問が届きました。

リスナー:私は彼氏もいないし、結婚相談所にでも行ったほうがいいかなとも思ってしまいます。しかし、女友達は結婚している人が多いけど、男友達はまだ結婚していない人も多いです。男性は何歳くらいから結婚を意識するのでしょうか?
小関:どうなんだろうなぁ。職業とかにもよるんだけど、我々ミュージシャンなので……まぁ……僕は意識していないんですけど(笑)。
一同:(笑)。
小関:やっぱり結婚は考えるというか、今後の人生として。
:憧れはあるよね。
鈴木:でも、ミュージシャンでも結婚が早いパターンもあるよね。僕も結婚願望はないんですけど(笑)。

さらに、リスナーにはこんな意見。

鈴木:僕が世の中でいらないと思っているもののなかで上位に入るものが、25歳くらいの子の結婚への焦りだから、(リスナーは)焦る必要は全くないと思う。
小関:全くないよね。
鈴木:これで俺はどれだけケンカして今まで生きてきたか。
:何があったの(笑)。
鈴木:それくらいの時期はいろいろある。「結婚を意識してないの? みんな結婚していきました。あなたはどうするんですか?」「俺、ちょっとまだ……」って。
一同:(笑)。

鈴木のエピソードに続いて、須田が過去に経験した恋愛話になりました。どうやら須田は結婚願望があった彼女にフラれた過去があるようです。鈴木と須田のエピソードも踏まえて、小関は「このリスナーは結婚がしたいんですか? 結婚できる相手と会いたいんですか? そこ大事ですよ」と話しました。

■新しい環境でのキャラクターづくり

続いて紹介したのは、「春から高校生になった」という女子リスナーからのメッセージ。

リスナー:入学早々、どういうノリでいけばいいのかわからず、とりあえずテンション高めにいったら軽く引かれました。今後どうすればいいのでしょうか?
小関:これは助言があります。「向こう3カ月は様子を見ろ」。様子見は大事です。でも、自分が今後目指していきたい路線はちょっと小出しにしつつ、どういう派閥があり、その派閥に入るのか否かも見極めながら、ちゃんと勉強してください。
鈴木:でも、このリスナーはいったんやり過ぎちゃってるんで、その場合は修正がきくものですか?
小関:いったんやり過ぎた場合は……そのまま突っ込むしかない。
:え、うそ!(笑)。
小関:(このリスナーは)ハイテンションでやれるってことで無理はしてないってことですから、そこでまわりが引いちゃったり、それこそ様子を見てる子たちに距離を置かれただけなので、そのままハイテンションを貫くっていうのも手ではある。

自身が新学期にスタートダッシュをして失敗した経験があるため、リスナーへ熱いメッセージを送る小関でした。

番組では、世の中にあふれる「腹黒さ」を討論する新コーナー「吠えろ! ブラック or ホワイト」や、インストのメロディーに歌詞をつける「インストインスト」のコーナーで盛り上がりました。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『THE KINGS PLACE』
放送日時:月・火・水・木曜 25時−26時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/kingsplace/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。