体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

路駐スペースでEVを充電できる! カナダで充電ネットワーク敷設へ

車を所有している人が必ずしも自宅に駐車スペースを確保しているとは限らない。実際、北米では路上に駐車するケースが多い。

そこで、カナダで展開されるのが、公道の路駐スペースへの電気自動車(EV)充電ステーション設置。全国に100カ所以上を設置する計画だ。

・国の予算で展開

このプロジェクトには天然資源省が予算を拠出している。設置を行うのは、ケベック州に本社を置くEV充電ステーションメーカー「AddEnergie」。

環境問題への対策の一環として、住宅街などの路上に充電ステーションを設置して電気へのアクセスを容易にすることで、EVの浸透を図る。オンタリオ州やブリティッシュコロンビア州、アルバータ州などで設置が予定されている。

・カナダ最大のネットワーク

AddEnergieはEV充電ステーションメーカーとして実績がある企業で、カナダ最大のEV充電ステーションネットワーク「FLO」を構築している。

ユーザーは専用アプリから最寄りの充電ステーションを検索でき、使用料の支払いも端末で済ませることができる。

すでにケベック州モントリオールでは、モントリオール市や電力会社ハイドロ・ケベックと業務提携して数百カ所を展開済みとのこと。

EV充電ステーションをめぐっては、米国ではテスラやフォルクスワーゲンなど車メーカーが設置を促進している。しかし、社会的なインフラとして官民で整備を進めれば、EVは一気に浸透するのかもしれない。

AddEnergie

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。