体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

現地ライターが伝授するがっかりしないパリ観光ガイド〜おすすめ観光名所も〜

現地ライターが伝授するがっかりしないパリ旅行の仕方

マルシェに行ってみよう

現地ライターが伝授するがっかりしないパリ旅行の仕方
パリの観光地にあるレストランって、値段もそれなりの上に、びっくりするほど美味しくなかったと思ったのは、筆者だけではありません。観光地で売られているサンドイッチだって劇的にまずいのです。美味しいものは、パリのリッチなレストランだけではありません。パリジャンが買い物をするマルシェで、安くて美味しいものが食べることができるのです。

現地ライターが伝授するがっかりしないパリ旅行の仕方
パリには多くのマルシェがあります。パリの中でも一番大きなマルシェがバステーユの朝市。ここでは、新鮮な牡蠣が食べられるバーやそば粉のガレットが食べれる屋台もあります。また、お惣菜なんかも売られているので、近くの公園でランチで食べるのもいいかもしれません。

現地ライターが伝授するがっかりしないパリ旅行の仕方
現地ライターが伝授するがっかりしないパリ旅行の仕方
またパリジャンも休みの日には訪れるMarché des Enfants Rouges/マルシェ・デ・ザンファンルージュもおすすめ。ここではフランスならではの多国籍料理を屋台で食べることができます。休みの日は人も多く、活気があるので、パリっぽさを体験できることができますよ。

パリのカフェを体験

現地ライターが伝授するがっかりしないパリ旅行の仕方
フランスといえばカフェ文化が有名です。パリのいたるところにはカフェがあります。しかし、飲み物も食べ物も美味しいカフェって意外に多くはありません。カフェで美味しいケーキを食べようと思って注文してみても、これなら東京のカフェの方が美味しいわということもしばしば。おしゃれで美味しいカフェって、そんなに多くはないのです。

現地ライターが伝授するがっかりしないパリ旅行の仕方
現地ライターが伝授するがっかりしないパリ旅行の仕方
筆者のオススメは、シャトレにあるセレクトショップ兼カフェのSept Cinq/セット・サンクやサンマルタン運河沿いにあるSésame/セザムです。

パン屋巡り

現地ライターが伝授するがっかりしないパリ旅行の仕方
現地ライターが伝授するがっかりしないパリ旅行の仕方
フランスに来たんだから、美味しいパンが食べたい!と思う人も多いはず。フランスのパン屋は基本的にレベルは高いですが、あまり美味しくないパン屋があるのも事実。パン屋に列ができていれば、美味しいパン屋であることは間違いなし。ぜひ、パンを購入してみましょう。しかし、そんな列ができているパン屋なんてみたことないという方は、バゲットコンクールで優勝したお店のパン屋を巡ってみるのはいかがでしょうか。必ず美味しいパンを食べることができます。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。