体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

家飲みでも本格カクテルを楽しみたい人に!バーで飲む味わいを再現した『カクテルラウンジ ジントニック』と『カクテルラウンジ カシスオレンジ』が新発売

オエノングループの合同酒精株式会社(東京都中央区)から、バーで飲む味わいを再現した本格派の缶入りカクテルカクテルラウンジ ジントニック』『カクテルラウンジ カシスオレンジ』が、4月10日(火)より全国で発売中。その「本格派」度合いを確かめるべく、早速この商品をおためししてみた。

 

バーの定番カクテルを、自宅でも気軽に楽しみたい人にピッタリの、缶入りカクテル

バーのカウンターに座った人の多くが頼むであろう人気のカクテル「ジントニック」と「カシスオレンジ」。「自宅でも本格的なジントニックやカシスオレンジを気軽に楽しみたい! 」という人に向けて開発されたのが、カクテルラウンジ  ジントニック』『カクテルラウンジ カシスオレンジ』

ジントニックとは、その名の通り大麦やライ麦、ジャガイモなどを原料とした蒸留酒である「ジン」をベースに、トニックウォーターで割ったシンプルカクテルのこと。ジンの産地としてはイギリスやオランダが有名だが、最近では少量生産で原料にこだわった「クラフト・ジン」が世界各地で作られるようになり、ここ日本でもブームの兆しを見せている。ジントニックは、「このお酒を飲めば、そのバーの良し悪しが分かる」と言われるほど、バーテンダーのこだわりが反映されやすいカクテルでもある。

 

北海道産のジンをベースに、きりっとしたジントニックならではのビターな味わいを再現!

『カクテルラウンジ ジントニック』は、同社オリジナルの北海道産の原酒を使用し、アルコール分9%、ライム果汁4%できりっとしたビターな味わいを実現。パッケージには、ロンドンを代表する観光名所として知られる、ライトアップされた時計台「ビッグベン」の写真をバックに、氷とライムの入ったロンググラスに注がれた、バーでお馴染みのジントニックがあしらわれており、見ためからも「本格派」であることが伝わってくる。というわけで、今回はバーの気分を最大限引き出すため、グラスに注いでおためししてみることに。

グラスに注いだ途端、シュワシュワと強炭酸の泡が弾けていく。

生ライムを少し搾ったあと、氷と一緒にグラスに沈めれば、バーテンダー顔負けの本格的なジントニックの完成だ。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。