体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

嵐・櫻井翔はなぜ役者として素晴らしいのか? 映画監督・三池崇史が語る

嵐・櫻井翔はなぜ役者として素晴らしいのか? 映画監督・三池崇史が語る
J-WAVEで放送中の番組『UR LIFESTYLE COLLEGE』(ナビゲーター:吉岡里帆)。4月29日(日)のオンエアでは、映画監督・三池崇史さんをお迎えして、映画制作の裏側や、5月4日(金・祝)公開の最新監督作『ラプラスの魔女』について伺いました。

■「NO」とは言わない

三池さんの作品を観て「とってもハードコアなものもあれば、シリアスなものもあり、作品を選ばないスタンスがすごくカッコいい」と言う吉岡。

三池:自分の意思を、あまり自分の流れの中に持ち込みたくないっていうか。だいたい自分のことはわからないよね。理想っていうのがあって、そうなろうとしてるんだけど、実は向いてないかもしれない。その理想を捨てれば、その人しか持っていない出会いがあったりとか、流れってできてくると思う。しばらくは流されるようにっていう風にしたら、心地よくなってきて。
吉岡:流される極意って?
三池:なんでも受け入れるっていうか、「NO」って言わない。監督っていう仕事はだいたいNGを出す人なの。「このセリフが違う」とか「このセットは違う」とか。(私の場合は)「これでいいんだ」って。
吉岡:認めるんですね。
三池:大丈夫だけど「ここをこう変えるともっと面白いかもしれない」「OK、それでいい」。演技でも、ベテランの人ですごく不器用で下手な人って、いるじゃないですか。それも味だなって。それに対して「もっと芝居はこうやって」って言うのは、むなしいじゃないですか。それがその人の味なので全部OK。だから予算が少なくてもOK。「こんな予算で作ったらどんなものになるんだろう」って想像つかないのでOK。そうすると、出会ってくるんですよね。演じてる役者とも出会う、演じるべき役の人とも出会って、それもOKなので、その人がバイオレンスな人だったら、当然それを肯定するわけです。そうすると、どんどんバイオレンスな作品になって。やっぱり、主人公のキャラクターが映画の質を変えていくので、突然歌っちゃう人だったらミュージカルになっちゃうし、それを止めない(笑)。
吉岡:すごいですね。
三池:いろんな人がいるから楽しいですよ。
吉岡:どこまでも自由ですね。
三池:ジャンルっていう意識はあまりないですよ。

何でも受け入れる三池さんの自由な考えに感心する吉岡でした。

■東野圭吾ミステリー史上、最も異色の衝撃作

三池さんが監督した映画『ラプラスの魔女』は、作家・東野圭吾さん原作のミステリー作品です。

吉岡:この映画を撮られてどうでしたか?
三池:なんか難しかったですよね。自分の多くの作品は、困ったときには暴れて解決するみたいな(笑)。
吉岡:監督らしい言葉ですね(笑)。
三池:「うーん、どうしよう、もう、やっちゃえ!」みたいな、そういうキャラクターが多かったんだけど、初めて「なんだ、これは?」って深く考えて答えを出そうとする人たちだった。そもそもミステリーってそういうものなので、そういう点では不安はありましたよね。「お話ばっかりしてる」とかね。
吉岡:そうなんですよね。本編は、東野さんのミステリー史上、最も異色の衝撃作と言われていて、本当に緻密に作り上げられていく。
三池:それを大胆に東野さん自身が壊していくっていう原作だったので、ある意味でバイオレンスですよね。そこはなんとか映画でも表現できればなっていうのがありました。

■嵐・櫻井 翔が役者として素晴らしい理由

三池さんは、映画『ラプラスの魔女』で主演を務めた櫻井 翔さんが「自分にとって大事な役者であり、大事な思い出」だと話します。

三池:映画『ヤッターマン』って作品をやって、櫻井さんは、ガンちゃん(高田ガン)っていう主人公なんだけど、完璧だなって思ったんですよ。「この人はガンちゃんをやるために生まれてきたんじゃないか」って(笑)。
吉岡:(笑)。
三池:それくらい気持ちのいい時間を過ごせて。役者って、周りの役者の力っていうか、雰囲気を変えていくんですよね。育てていくんですよ。監督がどうこう言うよりも、役者同士で変わっていくんですよ。本人は無色透明に近いんだけど、その櫻井 翔を見た周りの役者たちが、日々変わっていくっていうのは、あの頃からですよね。久しぶりに会ってガッカリする人って、けっこう多いじゃないですか。特にあれだけスーパーアイドルを長くやっていると、仕事に慣れてしまうというか、器用さを持ちはじめて、表面だけでこなせてしまう。(櫻井さんはあの頃と)同じですよね。自分に対して厳しい。一生懸命やる。楽しむ。その姿勢が全然変わらないので、すごくホッとした。

三池さんから櫻井さんの作品に対する変わらない姿勢を聞いて「素敵ですね」とあたたかい気持ちになる吉岡でした。

そのほか、三池さんの少年時代の話や、いま欲しい物など、たっぷりお話を伺いました。三池さんが監督を務めた映画『ラプラスの魔女』、ぜひ劇場でご覧ください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『UR LIFESTYLE COLLEGE』
放送日時:日曜 18時−18時54分
オフィシャルサイト: http://www.j-wave.co.jp/original/lscollege/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。