体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ゆる〜いダジャレが導いてくれた、神級・鯛茶漬け

ゆる〜いダジャレが導いてくれた、神級・鯛茶漬け

宗像大社とかけて、“たいちゃ”なんて言われたり……

結構ツボでした(笑)。
これ、福岡県宗像市をリサーチしている時の打合せの中で出てきた言葉。

思わず「普通の鯛茶漬けとの違いは何ですか?」なんて、普通にツッコミを入れてしまい、後から地味に反省しました。

というのはさておき、宗像市で鯛茶漬けが親しまれ、よく食べられているのは本当のようでした。「道の駅 むなかた」のレストランでも、いくつか巡った市内のお店でも、メニューのなかには鯛茶漬けがありました。

鯛茶漬けといえば……
温や!?

鯛茶漬けについてリサーチしていると、こぞって出てくる「オンヤ」の名前。そんなこんなで「玄海食堂 温や」にたどり着いたのは、ごく自然な流れでした。実際に行ってみると、お店に掲げてある大きな看板の下には「鯛茶漬け」の文字。間違いなく、一番の看板メニュー感!ゆる〜いダジャレが導いてくれた、神級・鯛茶漬け「鯛茶漬け」 972円(税込)

お店に行ったのは午後3時頃。
もちろんお昼ご飯もきっちり食べ……というか、地方取材ってひたすら食べ続ける、みたいなことが多いんです。このとき結構お腹がいっぱいで、内心「完食できるだろうか。がんばろう」みたいな気持ちもあったんです。

けど、ペロリと完食!
もはやもう一杯いけるくらい。

ちゃんと言うと、いわゆるシンプルな鯛茶漬けなんですが、甘めの味つけがヤミつき。もう、毎日食べたいくらい、なんて思いながら泣く泣くお店を後にしようとしたら、

レジのところで発見しました。

「玄海食堂 温や 名物天然鯛茶漬けセット」(全国発送承ります)

即買いでした。しかも、大きめサイズの9食分(笑)。

ここからが本題、後編です。
作り方と「料理人のひとり言(おいしい食べ方)」を紹介します。

自宅にて、感動再び

数日後、自宅に届きました。クール便で、9食分。
中身はこんな(3食×3なので、写真は3食分)。ゆる〜いダジャレが導いてくれた、神級・鯛茶漬け

お米さえあれば、あとは全部そろっています。
作り方と「料理人のひとり言」も、添えられていました。

〜鯛茶は2度楽しむべし!〜

はい!

つまりはこういうことです。
丼ぶりとして半分食べて、熱々のだし割りほうじ茶をかけてもう半分。

頭に入れたところで、準備開始。
さら〜っと写真で流します。

まずはだしパックから(※沸騰させすぎました)。ゆる〜いダジャレが導いてくれた、神級・鯛茶漬け その間に鯛をのせます(※あらかじめ半日くらい冷蔵庫で解凍させていました)。ゆる〜いダジャレが導いてくれた、神級・鯛茶漬けゆる〜いダジャレが導いてくれた、神級・鯛茶漬け 付属のきざみのり、秘伝ごまだれ、わさび、いりごまをトッピング。ゆる〜いダジャレが導いてくれた、神級・鯛茶漬け はい、完成!ゆる〜いダジャレが導いてくれた、神級・鯛茶漬け

というのを、ひたすら最近まで楽しんでいました(取材に行ったのは2月末ですが、冷凍のまま2ヶ月くらい日持ちします)。そのたびに、宗像でのあの感動再び……という感じです。

そして……
ま、ま、ま、眩しい!

神様のだし(※勝手に名付けました)を投入!

(※一応断っておくと、もちろん、ちゃんと、料理人のひとり言は聞こえています。見栄え的にひとつだけ半分食べずに投入したのです)ゆる〜いダジャレが導いてくれた、神級・鯛茶漬け

やっぱり絶品……。

「鯛茶漬けは自慢の逸品です。これを食べてたくさんの方に喜んでもらい、笑顔になってもらうことが一番の想いです」

と、店主の世良さん。

これは、言葉どおり“笑顔になれる鯛茶漬け”。
旅行後2ヶ月くらい感動できる、宗像の新しい楽しみ方を見つけたのでした。

ちなみに、Amazonや楽天市場にて、「鯛茶たれ」のみ手に入ります(そして、これまたレビューが高め)。けど「名物 天然鯛茶漬けセット」は現地での発送受付のみです。

宗像に行った人だけの、特権ということで。

「玄海食堂 温や」
住所:福岡県宗像市神湊44-1-2
TEL:0940-62-0502
営業時間:平日11:00〜20:30(20:00os)、土日祝日〜21:00(20:30os)
定休日:不定休

▪️「名物 天然鯛茶漬けセット」
1瓶 約3人前1440円、2瓶 約6人前2880円、3瓶 約9人前4320円
※保冷平袋60円、送料(地域により異なります)、クール便料金216円が別途かかります。
※贈答用箱は100円(2・3瓶用)
※価格はすべて税込

Photo by JAPAN LOCAL取材協力:宗像市

関連記事リンク(外部サイト)

今、知っておきたい宗像のパワースポット
この街に住みたい! とすら思った「ビーチ乗馬」体験
「パンかけ醤油」にみた、老舗店の進化とユーモア

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。