体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ガリガリ君が食べ放題になる赤城乳業の工場見学

ガリガリ君が食べ放題になる赤城乳業の工場見学

食品メーカーの工場見学をすると試食やお土産が付くのは当たり前。中には「食べ放題」が付いてくる太っ腹な工場見学も存在します。ここで紹介する4か所の工場見学では、アイス・ゼリー・こんにゃく料理がなんと食べ放題。20分や30分といった時間制限はあるものの思う存分、好きなだけ食べられるのです。

工場見学で10種のアイス食べ放題

あのガリガリ君で有名な、赤城乳業の工場見学。埼玉県の本庄千本さくら『5S』工場では、製造工程を見学した後は「ガリガリ君広場」なるスペースで30分のフリータイムが与えられ、15種類以上のアイスを食べ放題で存分に楽しめます。

さらに、アイスをつかめるクレーンゲームも無料でやり放題。これはもう立派なエンターテインメントです。事前にWebサイトか往復ハガキで申し込みをし、当選すると工場見学に参加できます。

アイスクリーム屋さんへ行って、誰しも1度は「全種類食べたい!」と思ったことがあるのでは? 山梨県のシャトレーゼ白州工場見学では、そんな夢が叶うアイス約10種類の食べ放題が用意されています。予約は不要なのもありがたいところでしょう。なお、ガイド付きツアーはWebサイトか電話で事前予約が必要です。

工場見学で寒天ゼリーが食べ放題

こんにゃくバイキングと聞くと、いつもの淡白なこんにゃくを想像してそそられないかもしれませんが、それはもったいない話。群馬県の「こんにゃくパーク」では、さまざまなアレンジを加えた料理をバイキング形式で食べられて、スイーツも充実。

ヘルシーな料理を満喫した後は、これまた無料の足湯に浸かり、体の中からも外からも健康になりましょう。工場見学は30名以上の団体に限って要予約です。

「かんてんぱぱガーデン」という名前の通り、緑豊かで渓谷も望める広々とした庭のような作りの施設は、長野県の伊那食品工業の工場周辺の庭園。サクッと試食だけしたい人は「かんてんぱぱショップ」に直行もOKです。

たくさんの商品の横の休憩スペースでは、数種類の寒天ゼリーが食べ放題。最近、腸の調子が奮わないなんて方にもぴったりでしょう。工場見学に予約は不要なので、飛び込み参加できます。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
自販機の裏ワザ「デバッグ法」は存在するのか?

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。