体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

4度目のワールドツアー直前!きゃりーぱみゅぱみゅ、海外ライブへの思いを語る

4度目のワールドツアー直前!きゃりーぱみゅぱみゅ、海外ライブへの思いを語る

通算4度目のワールドツアー「Kyary Pamyu Pamyu World Tour 2018 THE SPOOKY OBAKEYASHIKI -PUMPKINS STRIKE BACK-」を5月20日にスタートさせるきゃりーぱみゅぱみゅ。

きゃりーぱみゅぱみゅ ハロウィン今回は、2017年10月末に東京・東京体育館で開催されたハロウィン単独公演のテーマ“日本のおばけ屋敷”を引き続きフィーチャー。恐怖のトレーラー映像やステージ上でのさまざまな仕掛けが話題となったあの公演が、世界観そのまま海外へ飛び出す。そんなライブのコンセプトや、過去3回のワールドツアーの思い出、4月にリリースしたばかりの新曲について、きゃりー本人に話を聞いた。

取材・文 / 鳴田麻未

 

 

――今度のワールドツアーは、2017年10月に行われたハロウィンイベント「THE SPOOKY OBAKEYASHIKI ~PUMPKINS STRIKE BACK~」のテーマ“日本のおばけ屋敷”を海外でも展開するとのことですが。

 

これまでは、私がきゃりーぱみゅぱみゅです!というような自己紹介的なライブでワールドツアーをやってきた感じがあります。海外では、MVの世界観をYouTubeで見てくれて好きになってくれてるファンの方が多いと思うので、MVの衣装そのままでライブをしたり海外の方が知っている曲を多めに歌ったりしてました。そのほうが喜んでもらえるかなと。

でも今回は、日本でやったハロウィン公演を海外に持っていくということで、日本でやっている内容をそのまま海外の方に楽しんでもらえるライブになると思います。あと、日本のおばけ屋敷がテーマなので、日本の妖怪の独特のかわいらしさが伝わって喜んでもらえるといいなって思います。

 

――一度国内で見せた世界観を海外仕様にアレンジされる部分もあるのでしょうか?

 

海外の方にはストーリーすべてを伝えるのは難しいかと思うので多少は省略される部分もあると思います。でも、セットの世界観はそのままで、おばけのキャラクターもそのまま一緒に行くので、日本のおばけ屋敷のライブっていうのは見せられるかなと思います。

きゃりーぱみゅぱみゅ ハロウィン
――きゃりーさんは2013年に8カ国13都市を回る「100% KPP WORLD TOUR」、2014年に11カ国を回る「NANDA COLLECTION WORLD TOUR 2014」、2016年に6カ国を回る「KPP 5iVE YEARS MONSTER WORLD TOUR 2016」と、過去3度ワールドツアーを行っています。ここでの印象的な出来事、忘れられない思い出を聞かせてください。

 

とにかく初めてのワールドツアーが大変でした。日本でいつもやっているライブのスタッフの皆さんと回ったんですが、スタッフもみんな初めてのことがたくさんあって。取材や移動のスケジュールとか、リハーサルとか、たくさん苦労した記憶があります。現地の取材にも慣れなくて。初めてだったので、お客さん来てくれるかなとか不安もあって、精神的に辛いこともありました。でも、そのあとから現地でそれぞれの観光を楽しめるようになって慣れてきたと思います。

きゃりーぱみゅぱみゅ ハロウィン

――ライブの盛り上がりや海外のファンについて、地域別に特徴があれば教えてください。

 

国ごとの違いは大きくはないんですが、海外のお客さんはとても熱狂的で、歓声がすごい。みんな良い意味で動物的というか、感情のままに体を動かして声を出したり、踊ったり、泣いてたり、楽しんでくれてるのが伝わってきます。

1 2次のページ
HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。